2005年5月16日

仮面ライダー響鬼 十六之巻「轟く鬼」

またまた当日アップ失敗(^_^;。できる日はくるのだろうか…。

先週のレビューはこちら
「仮面ライダー響鬼」公式サイト

今週はついに轟鬼誕生。それにしても、まさに「衝撃映像」でしたね。なぜ皆さん、一仕事終えると「顔だけ変身を解」いているのかもわかりました。いやいや、ザンキ&トドロキコンビ、これからも楽しみです。ヒビキさん食っちゃったりして…。

ザンキさんと戸田山さんの関係もそうですが、イブキさんとあきらといい、この鬼さんたちの師弟関係って、お互いの信頼関係がすごくいいなぁ、と思います。特にザンキさんの、頼りない弟子をなんとか一人立ちさせようとする姿は、まさに上司の鑑! そして、必死でそれに応えようとする戸田山さんも良かったです。

今まで出てきた鬼さんたちって、響鬼にしても威吹鬼にしても、すっかり一人前で、使命感も自信もある「オトナ」な感じだったので、戸田山さんってなんだか新鮮。まだまだ頼りない感じで。でも「音撃斬・雷電激震」は若々しくてカッコ良かったし…。でもってあのラストの衝撃(笑撃)シーン(^_^;。いいキャラですねぇ

そんなわけで戸田山さんは轟鬼として一人立ちしたわけですが、ザンキさんはこのままサポーターとして残ってくれそうなので一安心。変身しないザンキさんがいつも見られると、ちょっと嬉しいかな。

そんな中ひっそりとヒビキさんは明日夢を「弟子にしない」宣言したわけですが。まぁそれだけ明日夢くんのことをちゃんと考えているってことなんでしょうね。だって、明日夢くんって鬼っぽくないし。でも、本当にこのまま猛士とは関わりなく行っちゃうのかなぁ。そうは思えないんだけど。とりあえず、ブラバンに入ってモッチーと一緒に高校生活を楽しむ踏ん切りがついたようで、それはそれで良かったのかな。

さて来週は、メルマガによるとイブキさんが「ファンにとって衝撃シーン」を見せてくれるとか。それって香須美さんとデートってことでしょうか? それともまた違う別の衝撃? まぁ今回の戸田山さんほどの衝撃はない気がしますが(^_^;。

以下トラックバックさせていただいた記事一覧です。

>>続きを読む

2005年5月 9日

仮面ライダー響鬼 十五之巻「鈍る雷」

「今週こそOA当日のアップを!」って思ったのに、やっぱり日付変わっちゃいました。

先週のレビューはこちら
「仮面ライダー響鬼」公式サイト

今週はまたまた新顔続々登場で目が離せませんでした。弦の方々が一度に3人も登場したし、「鬼へのステップ」も少しずつ明らかになってきました。ここのところ毎週、30分が文字通りアッと言う間で、最後にサブタイトルが出た瞬間に「もう終わり?」としばらくポカンと口を開けたままエンディングを見てます(^_^;。

ではいつものように箇条書きで…。

>>続きを読む

2005年5月 4日

仮面ライダー響鬼 十四之巻「喰らう童子」

GWは地元湘南を満喫しておりまして、すっかり「茅ヶ崎・湘南」Blogと化しております(^_^;。今更ですが、一応今週の響鬼、忘れないうちに行っときます。

先週のレビューはこちら
「仮面ライダー響鬼」公式サイト

>>続きを読む

2005年4月25日

仮面ライダー響鬼 十三之巻「乱れる運命」

今週の「響鬼」はなんだかすごく動いてました。三人目もついに登場したし。

仮面ライダー響鬼「公式サイト」
前回のレビューはこちら

遅くなってしまったので、今回はまたポイントだけで。

>>続きを読む

2005年4月18日

仮面ライダー響鬼 十二之巻「開く秘密」

なんか、一週間が経つのが早いです。この間書いたばかりだと思っていた響鬼のレビュー、もう十二回目なんですね。

>>続きを読む

2005年4月11日

仮面ライダー響鬼 十一之巻「呑み込む壁」

始まったばっかりだと思っていた「響鬼」ももう11回なんですね。早いものです。

聞いたところによると視聴率が下降気味という話なんですが…。こんなに面白いのに~。ちなみに大河の収録現場でも話題沸騰!らしいですけど。やっぱりお子さまウケが悪いからなんでしょうか。そんなことで路線変更になって、中身がなくならないことを祈るばかりです。

さて、今回はオープニングが女性ボーカルバージョン。なんだかエピソード毎に変わっているような気がするんですが。エンディングもそうだけど、そんなところも凝っているんですよね。

そして本編。

>>続きを読む

2005年4月 4日

仮面ライダー響鬼 十之巻「並び立つ鬼」

時系列じゃないですが、また箇条書きで思ったことなど…。

>>続きを読む

2005年3月27日

仮面ライダー響鬼 九之巻「蠢く邪心」

今週からは「響鬼」のレビューを「できるだけ」載せていきたいと思います。いつまで続くかわかりませんが…(^_^;。
意気込み表明のため、カテゴリまで新しく作ってしまいました。大丈夫なんだろうか?>自分。

「仮面ライダー響鬼」公式サイトはこちら

「響鬼」は基本的に二話で一本のお話なので、今回は「前編」。

>>続きを読む

2005年3月21日

「仮面ライダー響鬼」イブキ登場!

始まった頃に「期待できそう」と書いた「仮面ライダー響鬼」ですが、先々週くらいから、待ちに待ったイブキこと渋江譲二クンが出てきまして、がぜん面白くなって(ワタシ的にです)きました。

渋江クンは去年TBSで放映されて物議をかもした(?)実写版の「美少女戦士セーラームーン」でエンディミオン=タキシード仮面=地場衛役を演じた方で、最初の頃こそ頼りなかったんですが、見ているうちにすっかりヤラレてしまい、密かにファンになってしまったのでした。

なので、響鬼が始まるときに一番期待していたのは、実は「渋江クンが出る」ってことだったりして…。

でも、開始当初は影も形もなくて、いったいいつ出てくるのー?って感じだったのが、満を持して第5回からの登場。しかも結構天然ボケ入っていて可愛いです。大型バイクを乗り回しているのでこっちが正統な「ライダー」かも(って、響鬼のデザインも設定も、全然「仮面ライダー」じゃないですけど…。面白いからいいや。龍騎もそうだったし)。

ヒビキにしてもイブキにしても、今のところヒーロー二人は二人とも、普段は飄々としていて、あまり感情の起伏が激しくない「オトナ」な感じで、今までのライダーとはずいぶん違いますね(あー、「ファイズ」の巧クンは別の意味でさめてたけど)。そういう「オトナ」に憧れる少年明日夢くん、っていう図式でしょうか。

さて今回は威吹鬼が本格的に初仕事。イブキの「弟子」あきら(女の子)が登場して、明日夢くんとのバトル(?)もなかなか見応えありました。

内容書いてると長くなりすぎちゃうので、いろいろ思ったことを羅列しちゃいます。

>>続きを読む

2005年2月15日

今年のライダーは期待できそう

「クウガ」以来、毎年続けて見ていたのに、去年の「ブレイド」は途中で見るのをやめてしまった「平成ライダーシリーズ」。

ようやく「ブレイド」が終わって、先月末から新しいシリーズが始まったので、また復活しました。

今年のライダーは「響鬼(ひびき)」です。どうやら鬼のようです。主役のライダーには若手のイケメン俳優路線を捨てて、細川茂樹さんが起用されています。(あ、いや、別に細川さんがイケメンじゃないと言っているわけではないです(^_^;。「もう実績のある方」って意味ですから!)そして、実際に物語を進めるのはたぶん中学三年生の明日夢くん。視聴者視点の人物だと思います。

公式サイトはこちら

それにしても、「仮面ライダー」ってバイクに乗ってないとライダーじゃないと思うんですが…。まぁ龍騎もライダーじゃなかったけど面白かったので、そこはつべこべ言わないことにします。

アギトからしばらくは、最初の数回は「どうなんだろう?」と様子見をしたものですが、今回の響鬼は最初から飛ばしてます。クウガ以来初めて、初回から「期待できるかも?」と思いました。

だいたい、オープニングに歌がありません。おまけに、最初のシーンは完全にミュージカル…。「ダンサーインザダーク」や、北野監督の「座頭市」で使われていた、周囲の音を巧みに利用してパーカッションのような効果を出す手法から始まり、登場人物がいきなり歌いだしてしまいます(^^;)。まぁ、明日夢くんの登校シーンだけですが。

「響鬼」そのものが「音撃戦士(おんげきせんし)」ということで、変身アイテムは音叉だし、武器も楽器が使われていますから、音楽、それも和楽器系がBGMにも効果的に使われています。ミュージカル好き、というか音楽好きには結構受けるかも。

しかし、響鬼の操る「ディスクアニマル」って、「ポケモン」じゃないのかなぁ。

敵はまだよくわからないんですけど、雰囲気は「クウガ」に出てきた「グロンギ」に近い感じです。なんか、山奥に潜んでて怪しい雰囲気です。一応日本語話してるみたいですが。

一応、最初の怪物は「ツチグモ」ってことで、夫いわく「仮面ライダーの最初の敵は必ずクモ男」というお約束は守られている模様。でも仮面ライダーじゃないと思うけど。

というわけで、今年はいい感じでスタートしました。一年間楽しめるといいんですが。

<<前のページへ 123