2006年4月 9日

「オールスター社交ダンス選手権」2回戦

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト
レギュラー放送第一回目は、全員参加の二回戦でした。
種目は、スタンダードがタンゴ、ラテンがサンバ。

前回に比べて、全員に明らかな進歩が見られて、日頃からTVへの露出が多い皆さんの底力というものを改めて感じました。
(前回の感想はこちら→春のダンス祭り「有名人社交ダンス選手権」編)

たぶん、前回OA(生放送)で初めて衣装をつけて踊り、採点されたことで、今までとは違った楽しさを感じることができて、レッスンにも身が入ってきたのではないかと思われます。

ダンス教室に通っている一般の生徒さんたちも、一度デモンストレーションに出ると、技術も意識もそれまでと比べると飛躍的に向上して、さらに欲が出るものなのですが、まさにそういう感じなのでしょう。

それに今回のダンスはサンバにタンゴ。どちらも個人的に見るのも踊るのも好きな種目でしたので、とても楽しめました。

今回審査員に、田中先生に代わって山本千恵子先生が入りました。この先生は篠田先生よりひとつ下の世代での不動のチャンピオン、毛塚鉄雄先生のパートナーで、リアルに「怖い」イメージがあります…(^_^;。大竹先生のアレは芝居じゃないと思います。天野先生は確か鉄雄先生のお弟子だったような気がするんですが。

全体としては、一回目、二回目を通してよく見えたのは大島美幸一人。そして、前回はイマイチだけど今回とてもよく見えたのが高橋恵子、安めぐみの二人です。HGは忙しそうなのと、ダンスをナメている感じがして、私としてはちょっと割引して見ています。でもきっと残ってくるんでしょうね。

決勝枠は3だそうですが、たぶんHGと高橋恵子は当確で、残り1枠を他の二人で争う感じではないかと思います。

では今回はOA順に評価を。

>>続きを読む

2006年4月 6日

ダンスは一番?

昨日は早い時間に家にいたせいで、トンでもない番組を発見してしまいました。

視聴者参加のTV番組「ダンスは一番!」

たまたまちょこっとテレビをザッピングしたら、年配のカップルがキューバンルンバを踊ってます。どう見てもアマチュアの、それも選手ではないカップル。思わずしばらく見入ってしまいました。

そうしたら、プロの先生が講評をしてから、また別のカップルが出てきて、今度はタンゴを踊るらしいんです。しかもその前に「推薦」しているダンスホールかダンスパブかが自分でお店のPRを始めます。

おまけに司会がこの人
地元のダンス教室かなんかで歌のPRを見た覚えのある人です。
プロダンサーだったんですね。知りませんでした。

なんだか唖然としてしまい、局を確認したらTVKでした。

早速ネットで検索して出てきたのが上記公式サイト。関東UHF各局で、毎週1回、なんと1時間番組として放映されているんですね。驚きました。

>>続きを読む

2006年3月26日

春のダンス祭り「有名人社交ダンス選手権」編

さて、「春のダンス祭り」第二部は「シャル・ウィ・ダンス?~有名人社交ダンス選手権~」

この企画は去年の暮れに初めて放映されたのですが、プロダンサーと有名人がカップルを組んでそれぞれデモンストレーションを行い、プロ審査員4名と会場の一般審査員100名の合計点で競うというもの。暮れは3時間スペシャルで、9組からスタート。一回戦で9組中6組、二回戦で3組が勝ち残り、決勝は生放送で行われました。

この番組、アマチュアの競技会に出る今までの社交ダンス部と違って、単独のショーのような形になっており、一般人の席を奪わない、という点がとても良いです。競技会は相対評価なので、周りのレベルによって成績がかなり左右されますが、この形式なら自分の踊りだけに集中できますし、同じフロアに比較対象する組がいませんから、純粋に一組を集中して見ることができます。また、相手がプロなので、芸能人同士組む場合と比べて見栄えの点、練習時間調整という負担の点でもかなり良いのではないかと思われました。

片やダンス界にとっても、テレビ局とのタイアップで教室や教師の宣伝にもなりますし、万一このまま有名人の方がダンスにハマってくれたりしたら、お客さんとしても願ってもない存在になるわけで、うまいこと考えたな、と思ったものです。(でも、エンドクレジット見たらBBCの名前が…。なんとBBCのフォーマットを日テレが買ったらしいですね。イギリスでこういう番組が流行ったというのもちょっと意外。)

あと、プロ審査員として出てくる四人の元チャンピオンの先生。思いっきり辛口なのが結構ツボです(^_^;。特に大竹先生と篠田先生、何を言い出すか結構楽しみです。天野先生と田中先生は、現役時代リアルにライバルだったわけですが、隣同士に座りつつなんとなく火花が散っているような気がするのも笑えます。

今回レギュラー放送化に伴い、司会には初代チャンピオン(!)の松坂慶子が起用され、ナンチャンと組んで進めていくことになるそうです。松坂さんの司会は、豪華なセット、ゴージャスなフォーマルドレス、という雰囲気で行われるこの番組にピッタリという感じです。

    今回の出場者が9名。
  • 江守徹
  • 水前寺清子
  • 桂三枝
  • レイザーラモンHG
  • 松本伊代
  • 安めぐみ
  • 森三中・大島
  • 高橋恵子
  • 角田信明
今回は一回戦ということで、スタンダードはワルツ、ラテンはチャチャのどちらかを選んで生放送で行われました。ちなみに、今回落ちる人はいないそうです。

以下簡単に今回の勝手な講評。

>>続きを読む

2006年3月23日

春のダンス祭り「芸能人社交ダンス~2006春競技会」編

21日は、昼間は久々に「野球」中継に熱中しました。やっぱり、種目に関わらずナショナル・チームのゲームは血が騒ぎますね。王ジャパン、世界一おめでとうございます。

そして、夜はこれまた久々に登場の「芸能人社交ダンス部」。

今回は新人にあのオリエンタルラジオの二人がいるではありませんか! あの二人「エンタの神様」に出始めた最初の頃から、あの絶妙なリズム感とキレの良い動きに注目していたんですよ。これは期待できます。

他に男性はレギュラーの二人と板東英二さん。女性陣は前回から引き続きで榊原郁恵さんと和希サヤさん、新人としてはマルシアさん、さとう珠緒さん、大沢茜さんの3人。

この中ではマルシアさんがダントツに期待できますね。スタイルにしても、ラテンダンスの素養にしても、芸能人のオーラにしても、群を抜いていますから。

そして、その最も期待できるオリエンタルラジオ藤森くんがマルシアさんと組むことになり、ゴルゴ・小池組に匹敵するエースカップル誕生の予感。

>>続きを読む

2005年10月 9日

芸能人社交ダンス部2005秋

ようやく見ました「ウリナリ芸能人社交ダンス部2005秋ついに夢舞台へ!SPECIAL」

いよいよ本場ブラックプールに挑戦、ということで、いかにも「総決算」という感じです。ひょっとしたらこれが最後なのかなー、と思ったり。最初の大会だけは見逃したものの、それ以降ずっと、8年くらい見てきた者としては感慨深いです。

以下調子よく書いていたらとんでもない長文になってしまいました。根気のある方だけでもどうぞ。

>>続きを読む

2005年6月 3日

ブラックプールその後

先日、「ブラックプール!!」という記事を上げましたが、ゴルゴさんはその後音沙汰ナシですね。

私自身は、ブラックプール・ダンスフェスティバルの公式サイトで日々結果はチェックしていたので、どんな結果だったかだいたい想像がついたのですが、それにしてももう帰国しているはずだし…、みたいに思っていたら、前回も触れた杉本彩さんのブログにチラッと書かれていました。

in ブラックプール 杉本 彩の Beauty ブログ/ウェブリブログ

前回「まさか、行ってない?」なんて書きましたが、やっぱりちゃんと行ってきたみたいですね。放映がありますから、結果を詳しく書けないのは当然でしょう。

それにしても、日程的にみて、出場したのは「アマチュア・ライジングスター・ラテン」部門に違いないと思うんですが、さすがに厳しかったでしょうね。南原・杉本組に関しては「シニア」の方が良かったんじゃないかと思うんですが。(シニアといっても35歳以上だし、かなりレベル高いはずですから。少なくともライジングスターよりは勝ち目がありそうです。) でも、ゴルゴ組との順位付けも必要だし、そうもいかなかったのかな。

何はともあれ、おつかれさまでした。放映はたぶん、先日あった横浜の大会と合わせて、ってことになるんでしょう。楽しみにしています。

2005年5月27日

ブラックプール!!

4月に書いた、「芸能人社交ダンス部再始動」にコメントで最新情報をいただきました。(次郎さん、ありがとうございます)。

いよいよ、芸能人社交ダンス部がブラックプールに乗り込んだようです。

「ブラックプール・ダンスフェスティバル」と言えば世界最大のダンスの祭典。世界中のトッププロ、トップアマを始めとして、シニア、ユース、フォーメーションなど、さまざまなカテゴリーで世界のトップを競います。

いわゆる「世界選手権」が各国の代表2組しか出ないのに対して、このブラックプール(全英)は、完全にオープンのため、事実上の世界一決定戦であり、その年の世界ランクを決める大会となっています。毎年、ここの結果でその後の大きな国際大会の趨勢や、国内での順位付けが決まるといった、世界中のプロにとっても大きな意味のある大会です。

こんな大会で、彼らがいったいどの部門に出場するのか、とかいろいろ疑問はありますが…。(南原・杉本組ならシニアに出られそうだけど、ゴルゴ・小池組は女性が若いから無理だろうし。ライジングスターかなぁ? だとしたら、出てくるのはマジなトップアマばっかりなんですけど。ちなみに世界クラスの「トップアマ」って、日本の「トッププロ」より実力が上だったりします…)。とりあえずは「思いきりよく、楽しく踊ってきてください」とだけ言いたいです。そして、世界トップのダンスを間近で見て、そのすごさを体感してきてほしいです。

下のブログでゴルゴ松本の「リアルタイム報告」が読めるかもしれません。興味のある方はぜひ!

100日チャレンジ powered by パワーエイド

<追記>
今見たら杉本彩さんのブログが昨日付で更新されているんですが…。ブラックプールの「ブ」の字もありません。まさか行ってない? それともこちらはリアルタイムではないのかしら。……疑問。

2005年4月 4日

芸能人社交ダンス部再始動

昨夜日テレ系列で放映された、久々の「芸能人社交ダンス部」。この世界の元プロとしてはやっぱり見逃せません。野球で一時間近く遅れたのは腹立たしいですが、きっちり見せていただきました。

特番のみの放映になってしまってから、新入部員が次々入っては抜けていくので、なかなかメンバーを把握できません。今回はまた大幅に入れ代わって、残っているのは南原・杉本カップルとゴルゴ・小池カップルのみ。男性の方はキャイーン天野と勝俣が一応残っていますが、パートナーが固定しないのは内村と同じ。新人さんがどの程度踊れるのか、その辺は競技会を見てみないと…、ですが、ロバートの体格のいい男の子と、榊原郁恵さん、ベッキーはちょっと期待できそうな気がしました。

今回ウッチャンが現役引退ということで、あの弾けたダンスが見られないのはちょっと残念でした。ベッキーと組んだら良かったんじゃないかと思ってたんですが。

コーチ陣は今までの二ツ森司先生夫妻に加えて、弟の享先生夫妻も入ってましたね。ダンス界でも有名な美男兄弟でしたが、さすがにもう二人とも40をまわって、結構老けたかなー、と思っちゃいました。まぁ、教えるのには全然問題ないですけど。

各カップルのダンスチェックを見ていて思ったのは、二ツ森先生に代わってから、見た目だけ派手であまり意味のない振り付けが減ったなぁ、ということ。確かにふざけたネーミングの「必殺技」は相変わらずですが、ふざけているのはネーミングと手足の振りくらいで、本質はベーシックを守っています。これなら、審査員の受けも悪くないですよね。

そして本番。他のカップルの踊りがほとんど見えないので、レベルがどの程度かわからず、どういう結果になるかはちょっとわかりませんでした。アップになった芸能人たちの踊りをそれぞれ勝手に評価してみます。

>>続きを読む

<<前のページへ 12