2006年9月18日

「オールスター社交ダンス選手権」Vol.3 他

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

かなり間が空いてしまいましたが、一応毎回観ています。

第3シリーズからは全員が2回踊って順位をつけるやり方に変わったのでしょうか。

だんだんシリーズの回数が減ってきて、出場者に思い入れが生じる前に終わってしまうのは残念です。第1シリーズは期間も回数もかなり長かったので、勝ち進むにつれて先生と出場者の絆が深まっていくのを見ているのも楽しかったし、純粋に上達ぶりを見るのも楽しかったんですが。

第2シリーズは期間がかなり短縮されてしまい、おまけに一回戦が一度しかなかったので、一度だけで落ちてしまった人たちがかなり気の毒でした。第1シリーズが全部で7回もあったのに対し、第2シリーズは敗者復活を入れてもたったの4回。練習期間も露出時間も短くて、出場者の皆さんは大変だったと思います。

そしてついに第3シリーズは、落ちる人がいない代わりにたったの2回。しかも1回目と2回目の間がたったの一週間。ダンスの素養のある朝丘さんやケイちゃんはともかく、他の皆さんは相当大変だったのでは、と思います。まったくの初心者の方が上達していくのを見る楽しみ、というのがほとんどないですし、出場者の方も、あと2カ月練習できたら順位も相当入れ代わるだろうと思うのに、かなり残念です。まぁ、2カ月3カ月練習時間を確保するのも大変なんだろうとは思いますが。

>>続きを読む

2006年8月 2日

ダンス自慢の芸能人が一夜限りのドリームマッチSP

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

一夜限りのスペシャル、見応えがありました。

ジャンルが違うとはいえ、いずれの方も名うての「ダンス自慢」しかも芸能人としての露出度も高い方々ですから、どんな踊りが見られるのかとても楽しみにしていました。

ダンスに関しては、皆さん「さすが!」の一言に尽きる感じがありますが、残念だったのは音楽かな。KABAちゃんのパソも、パパイヤさんのウィンナワルツも、全然それらしく聞こえない。うのちゃんのサンバだって、曲は元々サンバのはずだけど、ノリが悪いし。

特にウィンナワルツは「ウィーンのワルツ」って意味ですよ。歌謡曲を使ってしまったら、いくら速めの三拍子だって、ウィンナワルツには聞こえないです。絶対選曲が悪い。

それ以外は、見応えがあって満足です。たぶん踊った先生方も気分が良かったんじゃないかな。
この企画良かったらまたやってほしいです。その時には、ぜひ元ピンクレディーの未唯さんに出てほしいな。あ、大澄賢也さんにも。

では一人一人簡単に。

>>続きを読む

2006年7月24日

「オールスター社交ダンス選手権」Vol.2 決勝

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

第二シーズン、始まったと思ったらもう終わっちゃいました(^_^;。

準決勝と敗者復活戦は感想書き損ねてしまいました。いや、見てはいたんですが、なんか気が乗らなくて…。結局、最初の頃に書いた「山ちゃん格が違いすぎ」というのと、彩さんのコーナーが痛すぎて、第一シーズンほど一生懸命見られなかったんですよね。期間が短かったので出演者の皆さんは大変だったと思うのですが。

でも、決勝くらいはやっぱり書いておこうかな。カッコ内はソロダンスの種目。

>>続きを読む

2006年6月11日

「オールスター社交ダンス選手権」Vol.2 準々決勝

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

第二シリーズは二回目にしてもう準々決勝。間が少なくて出場者の皆さんは大変そうです。

それにしても、番組の頭でやっていた杉本彩さんのコーナーはどうなんでしょうか。
小学生の親御さんに社交ダンスのイメージを悪くしませんか。
社交ダンスは「紳士と淑女のダンス」なので、あまり「エロティシズム」は強調してほしくないです。っていうか子供同士には必要ないでしょう。
あの彩さんのキャラクターがネタだってことはわかっていますが、あそこに出ている子供たちや、その親たちにとっては社交ダンスはネガティブなイメージになりそうで…。心配です。
イマドキのおかしな「性教育」と重なるものがあって見ていてちょっと嫌悪感を覚えました。
ちなみに彩さんはダンスが上手ですが、プロではないので上手に教えられるかどうかは疑問です。ちなみに子供たちのホールド、肘が伸びきってひどかったです。

それはさておき、シリーズの方へ参りましょう。

残り6組ですが、私が見る限りでは山寺さんの一人勝ちのような気がしてきました。去年のスペシャルの松坂さん並に抜きんでています。正直「格が違う」感じです。

間が一週間しかなかったこともあって、全体的に今回はレベルが低かったです。完成度が低くて、目の強さとアピールだけで見せていた感じ。その中にあって、山寺さんだけが別格でした。
(あ、いつの間にか要求が厳しくなっているかも。実際には一週間で新しい種目なんて不可能に近いということを付け加えておきます。)

でもクロちゃんが落ちてしまって男性陣が山寺さんのみに…。そういう意味ではかなり残念。

では個別評価を。

>>続きを読む

2006年6月 8日

「オールスター社交ダンス選手権」Vol.2 一回戦

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

いよいよ第二シリーズが始まりました。

すぐにレビューを書こうと思っていたのですが、グズグズしていたら次が近づいてきてしまいました(^_^;。どうも、数が多いと引いてしまうんですよね。

あと、最初はどうしても皆さん踊りがこなれていないので、講評しづらいというのもあります。そんなわけで、今回は簡単に。

今回は出場8組。無条件で全員が二回戦に進めた第一シリーズと違って、いきなり2組落ちるということで、なかなか厳しい戦いが予想されました。

また、今回から審査員が山本千恵子先生に代わって二ツ森みどり先生、天野先生に代わって石原市三先生と新しくなり、どういう評価をされるのか、こちらも興味があります。特に石原市三先生、現役時代、少しだけお世話になったことがあるので、懐かしかったです。最後にお目にかかったのは十年以上前なので、さすがに少しお年を召したかな。でも、ダンディーなイメージは以前と変わっていなくて安心しました。

ダンスの方ですが、やはり初心者にいきなりワルツって厳しいですよね。っていうか、スタンダードはどの種目も一カ月やそこらで形になるものではありません。そういう意味で、特に男性は厳しかったと思います。

ふと感じたのですが、プロの方が長井夫妻と早川夫妻のように、カップルで二人とも別の人と出ていると、それぞれのパートナー(リーダー)の協力が望めない分、不利ではないでしょうか。その点、児玉先生、大島先生のように、自分のリーダーも全面協力で、二人がかりで教わっていると、組んだ感じだけでなく、同性の先生から自分の動きも教われるし、外からの見た目もチェックしてもらえるので、いろいろな意味で強いと思います。なんか不公平かも。

では簡単にいきます。(放送順と違うかも)

>>続きを読む

2006年5月30日

「オールスター社交ダンス選手権」決勝戦スペシャル

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

すっかり遅くなってしまいました。

先週土曜日、ついに決勝戦が放映されました。

さすがに激戦を勝ち抜いてきた3組だけあって、とても見応えのある決勝戦でした。

実は、決勝の前にこの前のエントリーに角田さんのパートナーを務めた児玉麻里子先生のブログからTBをいただき、そこから児玉先生のblogと角田さんの日記を一通り読ませていただきました。

角田さんはこの2カ月間で50回以上もダンスのレッスンをしたそうで、その意気込みと熱心さに驚くと同時に、お二人の真摯な姿勢にすごく感銘を受けました。その結果、決勝を見るときにはすっかりお二人に肩入れしている自分がいました。

なので、優勝の発表の時には思わず拍手してしまったし、涙が込み上げてきました。
角田さん、児玉先生、本当におめでとうございました。

ダンスの方は、スタンダード二種目ということで、やはりシルエットの維持に苦労なさっているように思いましたが、下半身の動きは申し分なく、また離れて踊る部分の華やかさは群を抜いていたと思います。

次回からはメンバーを入れ換えて第二ステージですね。
小川直也選手や山寺宏一さん、林屋正蔵師匠など、またユニークな面々が登場するようです。これからまた新しいステージを楽しみたいと思います。

ついでのようで申し訳ないのですが、決勝戦残り2組についても一言ずつ。

>>続きを読む

2006年5月21日

「オールスター社交ダンス選手権」準決勝スペシャル

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

三週間ぶりの番組は「準決勝スペシャル」。激戦を勝ち抜いてきた組ですし、間が空いた分、じっくり練習できたのではないかと思われますので、ダンスの内容に期待して見せていただきました。

今回は自由種目だったようで、高橋恵子組が初登場のパソドブレに挑戦。でも、やっぱりスローフォックストロットを選んだ組はなし。一般受けからは一番遠い種目ですから仕方ないですかね。

そして、さすがに準決勝だけあって、それぞれ見ごたえのあるダンスだったと思います。やはり、ポテンシャルの高い人たちが、二ヶ月もの間、目標をもって集中して練習することのすごさを改めて感じました。

審査員の先生方も、少しずつ情が移ってきたのでしょうか。コメントに愛情を感じました(^^;)。余談ですが、篠田雅子先生は先月お孫さんが生まれたばかりですね。おめでとうございます。

結果はある意味「予想通り」だったので、結果だけ見たらそれこそ、敗者復活と準決勝は「なくても良かった」のかも知れません。でも、番組としては敗者復活はとても面白かったし、伊代ちゃんの踊りは二回ともそれなりに良かったので、じゅうぶん楽しめました。

次回はいよいよ決勝ですね。3組の方には、精一杯のダンスを見せてくれることを期待しています。
どうやら次のステージ開催も決まったようで、そちらも楽しみです。

さて、早速ですが個別評価です。

>>続きを読む

2006年4月30日

「オールスター社交ダンス選手権」敗者復活スペシャル

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト
今回は「敗者復活スペシャル」。今まで敗退した6組の中から1組だけが復活します。種目は好きなものを選べるようです。

私の予想では、本命安めぐみ、対抗大島美幸、大穴松本伊代、といったところでしょうか。

ダンスに関して素人の夫の意見では、安めぐみが復活したら敗者復活戦の意味がないのでたぶんナシ。大島はテレビ的にあまり美味しくない。でも、それより早く落ちちゃった他の人は実力的にどうなの?、という感じだったんですが。

その意見を入れて考えた時に浮かんでくるのが伊代ちゃん。なんたって、公式BBSでは敗退を惜しむ声がたくさん寄せられていましたから。まぁ、そのほとんどが「増田プロをもう一度見たい」だったのには苦笑ですが(^_^;。それはともかく、年齢・ルックスそして練習期間を考えると、浮上の可能性は少なくないと踏みました。

実際に踊りを見てみたら、伊代ちゃんどころか他のお三方も頑張っていました。やはり芸能人の皆さんは上達が早いですね。初心者で伸びしろが大きい分、上達ぶりも目ざましいものがありました。そして、逆に先週まで毎週違うダンスをしてきた安組が思ったより伸びなかった分、結果が読めなくなりました。まぁ、審査員の採点が出た時点で、伊代ちゃんの勝ち残りは決まったようなものでしたが。大島組、今回も良かったんですが。残念でした。

次回は準決勝ですが、間が少し開いて練習時間が取れることを考えても、正直結果は全然見えません。高橋さんはムラがあるし、角田さんはいいんだけど見栄えに少し難があります。HGは正直人気だけだし。伊代ちゃんがどこまで迫れるのか、今回の踊りだったら結構いけそうな気もしますが、種目が限定されたときにどうなのか。

何はともあれ、皆さんの更なる上達ぶりが楽しみです。

それでは今回の個別評価を。

>>続きを読む

2006年4月23日

「オールスター社交ダンス選手権」4回戦

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

いよいよ四回戦。出場組数も絞られてきました。

前回

こうなると、次回はスローフォックストロットとパソドブレでしょうか。
と書いたのですが、予想は大ハズレで、なんと今回の種目はジャイブとウィンナワルツでした。もちろん、どちらかの組み合わせだろうとは思ったのですが、こっちが来たのは予想外でした。まぁ、一般の人が観てどっちが楽しいかと言えば今回の組み合わせでしょうが…。

ここでちょっとだけ説明します。

競技ダンスには10種目あるわけですが、そのうち、今回踊られた二種目(ジャイブとウィンナワルツ)は、B級以上の競技会の、しかも準決勝以上でしか踊りません(例外は10ダンス選手権です。でも、当然ですが「選手権」なので下位の人は出場できません)。なので、プロでも大多数を占めるB級以下の選手の中には、踊ったことがない人も結構いたりします…。そのくらい、踊る方に関してはマイナーな種目です。

ちなみに私もプロの中では下っ端選手でしたので、この二種目はまともに習ったことがありません…。パーティーのショーの一部などで踊ったことはありますので、経験ゼロではないのですが、他の種目に比べると知識も経験も格段に乏しいです。なので、今回は技術的な評価が難しい状況であることをお詫び申し上げます。

さてさて、今回の5組でしたが、難しい種目だけに、皆さん苦労していたようですね。ジャイブはテンポが物凄く速いですし、ウィンナワルツは、審査員もおっしゃっていたように、極端にステップの種類が少なく、独特の「ロータリーアクション」が表現できるかどうかが難しかったと思います。でも、この一カ月間の出演者の皆さんの上達ぶりは、本当に目を見張るばかりです。

それにしても、最近目ざましく良くなったと思った安めぐみ組が落ちてしまったことで、来週の敗者復活戦がわからなくなりました。どうやら、大島組と安組の一騎討ちとなりそうです。

今回も一応個別評価をしてみます。

>>続きを読む

2006年4月17日

「オールスター社交ダンス選手権」3回戦

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

オールスター社交ダンス選手権も三回戦になりました。

それにしても、今回出場の6組。三種目目ということもあって、先生との息も合ってきてどんどん舞台映えがしてきますね。逆に、前回の放映から日が浅いので、練習時間が足りなくて大変だった面もあったようです。

この辺りになると、種目も難しくなってきます。
今回はクイックステップとルンバ。
終わってみると、種目選びが明暗を分けた結果になったような気がします。

ルンバはラテンの中でも最もテンポがゆっくりで、表現の難しい種目です。今回ルンバを選んだ組は、どなたもその音楽表現や体の使い方に苦労していたように思います。

その点クイックステップはその真逆で、テンポは早いのですが、その分表現は単純で、明るく楽しく踊れればそれで十分な部分があります。もちろんスタンダードなので組んだ状態での一体感など、特にホップやシャッセなどの跳んだり跳ねたり走ったりという部分は難しいのですが、その分とても見栄えのする種目です。そして、難しい部分はプロの方が上手にカバーしていました。こちらを選んだ3組はとてもハッピーに見えて素晴らしかったです。

なので、結果的にクイックを選んだ3組が上位を独占し、ルンバ組が苦戦でした。大島さん、とても残念です。敗者復活戦に期待します。

こうなると、次回はスローフォックストロットとパソドブレでしょうか。また種目選びが明暗を分けそうな気がします。

それでは個別評価を。

>>続きを読む

12