2006年2月24日

荒川選手、おめでとうございます

寝てるんだから起きてるんだからわからない状態で会社に行ったらネットワークが死んでて仕事になりませんでした。

眠いし、作業ファイルは開かないし、しょうがないので早退してきちゃいました(^_^;。

それにしても荒川選手、素晴らしかったです。リアルで観られて良かった。

コーエン選手、最初のアップの表情を観たときに、SPの時のような自信にあふれた顔でなかったので「これは!」と思っちゃいました。スルツカヤもやっぱりプレッシャーだったんでしょうか。

そんな中での荒川選手、村主選手のあの演技はすごい。
今回はメダルの遠いオリンピックだったので、その感はひとしおかも。

特に荒川選手。SPでは一瞬フラッとした例のスパイラルシークェンスでも微動だにせず。凛として美しかったです。

村主選手もメダルには届かなかったけど、きっちり自分の演技をしていましたよね。点数が伸びなかったのが残念です。

考えてみたら、ミキちゃんの四回転に結構注目が集まっていたのが、お姉さん二人にはプラスに働いたのかもしれませんね。

なんか、アテネの時のマラソン陣を思い出しちゃいました。

「本命」のQちゃんが出られなくて、でも実力派ぞろいの3人で。
今回も「本命」の真央ちゃんが出られず、注目は一番若いミキちゃんに。
実際にはお姉さん達の方が実力も実績もはるかに上だったってことですね。

でも、果敢に四回転にチャレンジしたミキちゃん、四年後は真央ちゃんと一緒にぜひがんばってほしいです。

ところで、昨日急に、去年教わった「ジャンプの見分け方」アニメを思い出し、それを頭に入れてから観戦したら、結構見分けられるようになりました。でも、ルッツとフリップの区別はちょっと難しいかな。

こんな時間に…

起きちゃいました…(ただいま午前4時)。

元々フィギュアを観るために5時には起きるつもりだったんですが(美姫ちゃんに間に合うように)、一昨日あたりから花粉症がひどくなって、先程2時半に目覚めたら鼻づまりで眠れなくなってしまいました。

隣で寝ている夫を起こしても悪いので、諦めて最初から女子フィギュア観てます。
4時間は寝たから大丈夫だと思うんだけど…。

ここのところオリンピックのせいで生活リズム乱れっぱなしです(^_^;。
会社でもウトウトしてしまうことがしばしば。なんとか今日を乗り切れるといいんですが。

それより何より。

日本人選手が出てくるまであと1時間かな。

最終グループの皆さんはもちろん、ミキちゃんの四回転に期待してます。
できれば成功してほしいけど、悔いを残さないように失敗を恐れずトライしてほしいです。

>>続きを読む

2006年1月 3日

久々の駅伝沿道観戦

皆様あけましておめでとうございます。

先程駅伝沿道観戦より戻って参りました。

暮れに箱根に行った折り、沿道にたくさんの応援幕が出ていて「そういえばもうすぐ駅伝だなぁ」と感じたこともあり、五年ぶりに沿道に出ました。

>>続きを読む

2005年9月26日

秋場所総括

大相撲秋場所が終わりました。

先場所に引き続き、琴欧州関(わが家では『琴ベッカム』と呼んでいます(^^;)の活躍で、優勝争いが千秋楽までもつれ込み、久々に盛り上がった場所でした。

>>続きを読む

2005年9月21日

がんばれ普天王

先週、「好スタート」と書いた普天王ですが、3日目から8連敗で負け越してしまいました。

10日目 ●上手投げ VS 白鵬関|現役力士「普天王」どすこい大相撲日記

相撲というのは、場所前の体調が悪くても、たまたま勝ち続けていると調子がよくなってくるし、逆に調子が良くても負けが続くとなぜか勝てなくなってしまったりするものです。

少なくとも、初日を見た時には「今場所もいけそう」と思えたのですが、今はちょうどその「負のスパイラル」に入り込んでしまったように見えます。

>>続きを読む

2005年9月12日

普天王関、今場所も好スタート

選挙のニュースですっかり陰が薄くなってしまいましたが、昨日、大相撲秋場所が始まりました。また、二週間子供に付き合って見ることになります。

で、昨日の初日、当blogでも何度か取り上げさせていただいた、アメブロ力士の普天王関が、なんと横綱朝青龍に勝ちました!

>>続きを読む

2005年6月 7日

子供が借りてくる本

子供の学校(というか、学年?)では、週に一度「としょ」の時間があり、毎週図書室から本を一冊借りてきます。

先週うちの子供が借りてきた本…「絵本 大相撲」
力士の錦絵みたいなのがたくさん載っている大判の絵本でした。
(しかし小学校の図書室によくそんなものがあったなぁ。)

寝ころがって本を読むそして、先日市立図書館に行ったときに借りてきた本…「土俵の鬼三代」「土俵の鬼たち~横綱若乃花から若・貴兄弟へ
初代若乃花の生い立ちから貴花田が幕内で初優勝するまでの「花田家年譜」みたいな本です。総ルビですが、漢字かな混じりで200ページ以上もあるヤツ。

相撲好きもここまでくるとバカかも、と思ったりして(^^;)。
ちなみに、「土俵の鬼」の方は先に私が読みました。子供は「ボクが借りてきたのに~」とふくれてました。この時期この本ってのもなんか複雑ですが。

ついでにちょっと蛇足。

アメーバブログで自分のブログを公開している普天王関。夏場所は11勝4敗で敢闘賞獲得と大活躍でしたが、ようやくアメブロが公式化し、来場所からは普天王関の全ての取組に懸賞もつけることにしたそうです。

なんか出足が遅い気がしますが…。でも「アメーバブログ」の懸賞幕は国技館で目立つかも。

2005年5月31日

追悼・二子山親方~そして今後の大相撲のこと

昨日は「二子山親方死去」のニュースに、深夜から今朝にかけて、ネットのニュース、テレビとチェックしまくりでした。

前夫人との離婚後は、あまり公の場に姿を見せなかった親方。こんなに早く亡くなってしまうなんて思いませんでした。本当に残念です。

先程も今朝のスーパーモーニングを録画しておいたものを見て、昔を懐かしんだり、コメンテーターの方々の話にうなずいたり。ある意味「人生一区切りついた」って感じかもしれません。

今回久しぶりに「貴ノ花」時代の相撲を何番か見たのですが、毎場所テレビに釘付けになって応援した頃をまざまざと思い出しました。

>>続きを読む

2005年3月27日

春場所終了/懸賞について

大相撲春場所無事終了しました。これで毎日焦って迎えに行かなくても済むと思うと少し安心(^_^)。

それにしても千秋楽結びの一番が、優勝決定している横綱対負け越しの決まっている大関…。緊張感がありません。千代大海関は仕切っているときから気迫がいま一つで、解説の北の富士さんじゃないけど「期待できない」って感じでした。

案の定あっさりと横綱が勝ち、14勝を挙げて有終の美を飾りました。

なのに懸賞はなんと38本。確か手取りで一本6万とかもらえるんですよね…。この取組より、ひとつ前の魁皇・栃東戦の方がずーっと面白かったのに。ちなみに栃東関、終盤五連勝で二桁に乗せました。来場所はぜひ優勝争いに加わってほしいです。

脱線しました。懸賞です。場所中すごく目立ったのが「永谷園」の懸賞。

朝青龍戦には毎回3本~5本ついていました。見ていると、他の取り組みにも結構「3本セット」でついていて「お茶漬け海苔の永谷園」「さけ茶漬けの永谷園」「梅干し茶漬けの永谷園」って場内アナウンスが毎日何度も流れていました。うーん、今場所だけで懸賞金いくら払ったのかなぁ…?、とつまらない心配をしてしまうくらい。それだけ払う宣伝効果、やっぱりあるのかなぁ。

他にも、「キティちゃんの3本セット」とか、セットでついている懸賞が結構ありました。それを真面目に読み上げる場内アナ。ご苦労さまです。

朝青龍関、優勝インタビューで「大阪の皆さん、おおきに」とファンサービス。結構茶目ッ気もあるんですね。

さあ、明日からは腰を据えて「入学準備」進めなくちゃ。

[3/28追記]
今場所からブログを公開されている普天王関、無事勝ち越しおめでとうございます。そしておつかれさまでした。来場所もがんばってください!

2005年3月26日

フィギュアスケートのジャンプの種類の見分け方

根がミーハーなので、有名人のブログをいくつもチェックしている私ですが、ヤクルトの古田選手のBlogは、最近あまり野球に興味のない私でも結構楽しく読めています。

今回のお題は「ルッツ?」。内容は「フィギュアスケートの飛び方の違い(見分け方)を知ってる人教えて」ということですが、実は私も、常々見分け方を知りたいと思っていました。

アクセルジャンプは前向き踏み切りなので、私を含めて大抵の人が見分けられるようですが、他のサルコウ、ルッツ、トウループ、ループ、フリップについては、名前は知っていても全然見分けられません。瞬時に見分ける実況アナは凄いなぁ、と感心することしきりでした。

で、どなたかトラックバックで教えてくれていないかなぁ、と探していたら、いましたいました。

「隠れ家ブログ」のハマーさん。こちらの「違いの分かる女」というエントリーで、解説アニメーションを作って紹介してくださっています。

これを見てようやく「ひょっとしたら私でも見分けられるかも…」という気になりました。今度フィギュアスケート中継を見るときは、足元に注目して見てみようと思います。

ハマーさん、ありがとうございました。

12