2008年4月 9日

MT4.0+Sleipnirでテンプレートが破損?

先日来、少々テンプレートをいじったら、そのテンプレートが壊れ、表示が崩れたりできなくなったりするというお見苦しい状況を晒してしまい失礼いたしました。

実はMT4.0にアップグレードして以来、この「テンプレートが壊れる」という状況は頻発しており、何かの弾みにメインページのテンプレートが特定文字列以降全て消失してしまう、という事象が起きていました。最初に保存て再構築したときは大丈夫でも、一つコメントをいただくと、その再構築の際にメインページとアーカイブページと同時にテンプレートが壊れ、トップページと該当記事が表示できなくなってしまったり...。

このテンプレートはMTを入れた最初(ver2.661)からつぎはぎで使っているカスタムテンプレートなので、初期化では対応できませんし、自宅にいるときにはテンプレートのバックアップがあるのですぐに回復できたのですが、これが出先で気づいたりするとどうにもならず、ジリジリしました。

>>続きを読む

2008年4月 4日

指定日投稿の話

いえね、時々指定日投稿を試みていたんですが、どうもうまくいかないのです。一度だけなぜかできたことがあったので、たぶんそのまま「日時指定」 を選んで公開日を設定すればいいものだと思っていたのですが。

なので調べてみました。
現在このMT4.1を置いているサーバーは「さくらインターネット」なので、ググッてみましたよ。

で、最初にヒットしたブログ様がこちら。

「指定日投稿 - さくらインターネットでの設定 - NOBODY:PLACE - MUTTER」

これによると、どうやらcronの設定をしないといけないらしいです。そういえば、ずっと以前に、さくらインターネットはcronが使えるから、自動アップロードができるのだという話を読んだことがありました。MTには縁のない話なのかと思っていたら、やっぱり設定が必要だったのですね。

おまけに、./tools/run-periodic-tasksのパーミッションも644のままになってたし。

>>続きを読む

2007年9月 9日

コメント欄についてのお知らせ、他

昨日も書いたコメント欄の問題ですが、結局解決不能です。特にこれで重大な問題は起こらないと思うので、このまま放置することにしました。

CAPTCHAに関しては、ひょっとしたらローカルな環境の問題なのかもしれませんが、自分の環境で見えないものを人様に押し付けるのもひどい話なので、これも導入は見送ります。コメントスパム撃退には有効かと思いましたが、考えてみたら、画像を判読するのって、ハードルがえらく上がってしまいますもんね。スパムどころか、まともなコメントもなくなりそうです(^^ゞ。

ただ今回、認証なしのコメントに関してはメールアドレスの記入を必須にさせていただきました。別にウソでもいいので、ひと手間だけお願いしたいと思います。また、vox,TypeKey,OpenIDでの認証を可能にしました。アカウントをお持ちの方は、気が向いたらサインインして書いていただけると、個人的には嬉しいです。

>>続きを読む

2007年9月 8日

難しいです...MT4.0

アップグレードしてから、格闘続きです。いろいろ、あっちからもこっちからもボロが...。

前回のエントリ後に見つかったエラー。

コメント投稿ができない
どうやらMTのパス指定が違っているようで、コメントcgiのURLがサイトパスの下になってしまっていました。mt-config.cgiのCGIpathをURLに書き換えたら直りました。
CAPTCHAが使えない
これは結局未解決。最初
CAPTCHAプロバイダがありません。Image::Magickがインストールされているか、 またCaptchaImageSourceBaseが正しく設定されていて mt-static/images/captcha-sourceに アクセスできるか確認してください。
というメッセージが出てたんだけど、Image::Magickはちゃんとインストールされてるし。で、検索かけたけど日本語サイトでは見つからず、ユーザーフォーラムで見つけた記述
To resolve this issue, it appears that you would need to create a subdirectory for captcha images in the mt-static/images directory, set its permissions so the directory is writable by Movable Type, then add a CaptchaSourceImageBase directive to the mt-config.cgi configuration file with the server path to this directory. Example:
CODE
CaptchaSourceImageBase /home/username/public_html/mt-static/images/captcha-source

Captcha Problem-Movable Type Community Forumより

つまり、最後の行のコードをmt-config.cgiに追加しろってこと。これを読むと、エラーメッセージそのものが間違っているらしいんだけどね。
この修正でCAPTCHAは選べるようになったんだけど、選んだところで例の数字画像ってやつが出てこない。
同じように、reCaptchaにも挑戦したんだけど、同じく画像が出てこない。これは私のマシンに何か問題があるのかも。とりあえず今は諦め。
「サインインしてください」「匿名でもコメントできます」のメッセージが出ない
単純にmt.jsが生成されていなかったんだけど、かなり苦労しました。結局、古いテンプレを使っているので、部分部分最新に入れ替えてみたんだけど、どうもうまく動作しません。
結果、メッセージだけはなんとか出るようになり、認証もできるようになりました。でも、本来、MT4.0だと、サインインするか、「匿名でも...」の部分をクリックしないとコメントフォームは出ないはずが、消えてくれません(^^ゞ。今はテンパッているので、読みきれないのかも。今日のところはこれも諦めです。

と、結局諦めまくってますが、また日を改めて原因を究明したいと思います。しばらくの間、認証のないコメントはメルアドだけ必須でお願いします。(サインインした場合も、本来は名前等のエリアが消えないといけないんでしょうが、残っちゃってます。その場合はスルーでお願いします。m(__)m)

2007年9月 5日

アップグレードしてみたけど

想像以上にいろいろトラブル出てきますねー>MT4.0。

いつものようにインストールまでは問題なく進んだんだけど、今回はテンプレートがことごとくエラー。
ver3.0くらいの頃に入れたプラグインが軒並み使えず、再構築が出来なくて苦労しました。

簡単に挙げると

>>続きを読む

2006年11月27日

面白いことに気がついた(スパムTB)

サーバーの負荷が心配なので、適当な間隔で『迷惑トラックバック』と『迷惑コメント』を消しに、管理画面を覗いています。

少し前に、『最新のトラックバック』部分を手動更新に変更しました。というのは、プラグインの関係だと思うのですが、自動再構築にしておくと、未承認TBは表示されなくても、迷惑TBは載ってしまっていたからです。

これを止めたので、TBを承認したら、『最新のトラックバック』テンプレートを再構築する、という手順で初めて『最新』に載るようになり、迷惑TBの表示も、消した後の再構築も必要なくなり、ストレスが減りました。

それでも、放っておくとどんどん溜まる迷惑TB、時々覗いて消してやる作業は続けているわけです。

すると、ここのところ面白い現象が起こっています。

>>続きを読む

2006年9月27日

面倒だったけど

MT3.33にアップグレードしたら、とりあえず月別アーカイブが復活しました。

あと、しばらく動かなくなっていた、「Type Keyにサイン・インしてのコメント」も復活しました。

やはり、不具合がわかっているのに放置はいけないですね。

ご不便をおかけした方もいらっしゃるかと思います。
ここでお詫びさせていただきます。

今後ともどうぞよろしく。

2006年7月 4日

MT3.3の不具合

アップグレードしたばかりですが、早速不具合が見つかったそうで、近々修正版がリリースされるようです。

Movable Type 3.3修正版リリースのお知らせ

確かに、月別アーカイブって変なことになってるわ…(^^;)。普段気にしないから気づかなかったけど。

それよりも、昨日から気になっていることがあるのでついでにここに書いてTBすることにします。

>>続きを読む

2006年7月 3日

MTのアップグレード

ここに引っ越してきて1年とちょっと経ち、二カ月くらい前からスパムがかなりひどくなってきたので、そろそろアップグレードをしようかと考えていたら、タイミングよく先日Movable Type3.3がリリースされました

実際この週末には一日で200近いスパムコメントが寄せられて、いい加減うんざりしていたので、重い腰も上がろうかというものです。

手順は思ったより簡単で、

  1. 現在のファイルのバックアップ。(とりあえず一旦全部ダウンロードして、エントリーは「書き出し」をしました)
  2. 元々あったmtフォルダの中身を空に。blogのフォルダはそのまま。
  3. MT3.3をダウンロード、解凍して、元のフォルダにアップロード。
    この時、私の場合「スタティック・フォルダ」がなかったので、改めて作りました。
  4. cgiファイルのパーミッションを変更。
  5. 元のバージョンが3.17だったので、mt-config.cgi.originalを書き換えてmt-config.cgiを改めて作成。
  6. プラグインフォルダに、自分で後から入れていたカスタムプラグインをアップロード

以上のような手順で一通り動くようになりました。

それぞれのアーカイブファイルに「出力ファイル名」を任意でつけられる機能ができていたり、かなり強力なスパムフィルターが標準でついていたりと、短期間なのにいろいろ進化していてちょっとびっくりです。

こうしている今も、スパムコメントが次々と「迷惑コメント」の一覧に加わって行って、なんか気分がいいです。

ただ、カテゴリーのファイル名や個別アーカイブのファイル名は、今変更するとまた大量のリンク切れを発生させてしまうので、変更は断念しました。最初からこういう機能がついていたら良かったんですけどね。

まだ出たばかりのバージョンなので、何か不具合があるかもしれませんが、しばらく様子を見ていくつもりです。何かあったらお知らせください。

2006年5月14日

久々のコメントスパム

今朝メールチェックをしたら、久々に大量のコメントスパム通知が入っていました。

最近もたまーに1個2個とあったのですが、そのくらいならその場でBlacklistに追加して終わり、でした。

今回は久々に50件くらいあったのと、最初のコメントをメールからMT-Blacklistで処理しようとしたら「500エラー」。量も多いし、久しぶりにプラグインのメニュー画面を見たのですが、処理の仕方も忘れていて、マニュアル見ようとしたら、元サイトが閉じてるんですね…。

なんか、作者さんがMT-Blacklist Forumのソフトにログインできなくなって、ちょうど時期的にももう役割は終わったと思うからサポートはやめます、って宣言が出ていたみたい。

MTを3.20にしてMT-Blacklistをきれいさっぱり消せ」とあったけれど、バージョンアップするのめんどくさいしなぁ。

今回はとりあえずまとめて削除したけれど、プラグインブロックをくぐり抜けてきた大量スパム、今後またいつあるかと思うと頭が痛いです。次回来たら今度こそMTのバージョンアップかなぁ。

それにしても、3.17にしてからあまり出なかった「500エラー」(実際には処理は終わっているのだけど、きちんと終了メッセージが出ない)。今回また頻発しました。ログが増えてきて処理が重たいのでしょうか。

1234