2004年7月16日

いい加減にしてほしい

昨日書いた、昨日入稿のチラシ…。結局まだ入稿していない。

何しろ「内容はっきり決まってない」もので、作るそばから「ここ変わったんだよね」「この内容も入れて」って。

一応昨日のうちに「完成」のつもりで上に投げたんだけど、最悪今日の朝イチでもいいって話だったので、朝OKの返事が来てたらすぐ入稿すればいいや、と思ってたら、今朝になってもまだ変更、変更。

上司が印刷屋さんにもう一度連絡して、結局今日いっぱいに締切が延びた。いつでも最後の皺寄せを食らうのは印刷屋さん。ホントにごめんなさい。

ハッ。それよりタウン誌広告も今日入稿じゃなかったっけ。まだ手つかずだった。

今日は長くなりそうだ…。

2004年7月15日

聞いてないんですけど…

ついに恐れていたものがやってきた。

「夏のキャンペーン」

いつものことだけど、今年は特別。
だって、本来準備に使う期間に、なんと社員旅行! 正社員の皆さんは、上司を含めて代わる代わるいなくなる。内容は決まらない。日程は動かない…。

ようやく今日全員揃ったと思ったら「内容はまだ完全に決まっていませんが」って、旅行だったんだから当たり前なんだけど「チラシは本日中に入稿になります」って、いったいどういうこと!?

というわけで、今朝10時に「まだ完全に決まっていない内容」を初めて聞かされたうえで、2色刷りチラシを3点作ることに。入稿は本日中。ちなみに、作ったらスルーでOKのはずはなく、文字校正は事務の方々にお願いし、デザインチェックを別のオフィスにいる上司にメールでしてもらい…、というのを含んでのハナシ。

あぁ、これからまた「帰れない~~」の日々なんだろうなぁ。

2004年7月13日

梅雨明け

@nifty:NEWS@nifty:都心で早くも33・9度、関東甲信・近畿も梅雨明け(読売新聞)

関東地方、やはり梅雨明けですか。ずいぶん前から「どうも空梅雨くさい」と言っていたのだけど、案の定だそうで。

夏の水不足が少し心配だけど、水源地は大丈夫なのかな。

2004年7月12日

選挙あれこれ

昨日の夜は選挙特番一色。結果は気になるけど、ずっと流しておくのもなんかイヤ。それがデジタル放送になって少し便利になった。

テレビ放送で面倒なのは、気になる選挙区の状況など、知りたいときに放映してくれることではない、ってこと。ネットなら好きなときにチェックできるけど、PC立ち上げるのは面倒だし、今までの地上波ではムリ。でも、デジタル放送は、BSも地デジも、データ放送onにすれば、自分の知りたいタイミングで、現在の開票状況がわかる。これで、選挙特番をずーっと見ていなくても、情報は逐次チェックできる。データ放送の恩恵である。


眞鍋かをりさんのBlogが面白いので最近チェックしていたのだけど、今朝のは最初「no vote でフィニッシュ death!!!」ということで、「選挙に行かなかった」ことを公言してしまって物議をかもし、その後詳細が削除されてしまっていた。やはり有名人がこういう場で公言する、というのはマズイ、ということなのだろうけど。

でも、彼女に限らず、二十代の若者は概して選挙に関心が薄いようだ。私の周囲にも「選挙? 何のこと」っていう二十代が二名ほどいる。そういう若者には「選挙に行かない人は、世の中の仕組みや役所のやることに文句言う資格ないからね」と、私を含むオバサンたちが寄ってたかって説教するのだが、馬耳東風。「どうせ変わらないし」「よくわかんないし」。

「しかたない」で済ませたくはないなぁ。こういう人達を選挙にかり出せるようにならなければ、世の中は変わっていかないだろうから。

2004年7月10日

テレビが壊れた…

この間DIGAを買ったばかりなのに、突然テレビが壊れてしまった。

昨日仕事から帰ってくると、夫が「このテレビ変だと思わない?」と言う。よく見ると、画面の下の方が数センチ程度、真っ黒になり、その上が一筋明るくなっている。字幕の出るものだと一番下の行が読めない。

これは2001年製のTAU(プログレッシブワイド32型)で、感覚としたら「まだ買ったばかり」というもの。そんなに早く壊れてもらっては困る。

とりあえず、購入した店に電話をして、修理依頼をする。でもいったいいくらかるんだろう? 「メーカーより折り返しご連絡します」ということで、一旦家まで来て修理を試みるらしい。ここで不安になる。もしその場で直らなければ、えらく高くつく上に、代替機を持ってきてもらってもしばらく不便な思いをしなくてはならない。かと言って買い換えるってのも、最近出費が多いし、あまり考えたくない。

昨日のうちは、まだ下の方が少し切れる程度だったので、まだ見るのにそれほど支障は感じなかったし「ひょっとしたら一晩置いたら直ったりして…」なんて甘い期待を抱いていた。

>>続きを読む

2004年7月 4日

DIGAを買う

二週間ほど前から、CATV経由でデジタル放送になった我が家であるが(→デジタル放送がやってきた)、実際にはテレビ番組は録画したものを見る、というのが普通なので、アナログ三倍速では意味がないな、と思い、DVDレコーダーをあれこれ検討していた。

実際、地デジやBSデジタルを試しに録画してみたが、ワイド画面で録画されるのはいいけれど、圧縮率が上がったせいなのか気のせいなのか、以前より画質は悪い状態になったように感じていた。

そういうことは私より夫の方が得意分野なので、いろいろ調べてもらっていたが、結局、CATVのセットトップボックスとの相性、というか、連動予約のことを考えると、メーカーの選択肢は松下しかなく、結果、これを買うことに決まったらしい。実際には、DIGAはDVDのリライタブル方式がDVD-RAMだし、デジタル入力端子はないし、というのであまり乗り気ではなかったらしいのだけど、他のメーカーでは「タイマー予約」がうまく連動しないので仕方がない。

昨日になっていきなり夫が「それじゃ明日DIGA買いにいこうか」と言い出したので、「ヘ?」と思いながらも、まぁいっか、と乗っかって、今日販売店巡りをしてみた。

>>続きを読む

2004年6月26日

デジタル放送がやってきた

なんて書いたけど、もう一週間も前のハナシ。

この辺ではまだ地上波デジタル放送は電波が来ていないのだけど、J-COMのおかげでわが家はその恩恵に預かれることになった。

>>続きを読む

<<前のページへ 1234567891011