2008年5月 5日

「ラ・フォル・ジュルネ」行ってきました

メインバナー5/4、念願の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に行ってきました。

去年は行き当たりばったりで行った為、有料公演はほとんど買うことができず、イベントも事前にスケジュールを知らなかったため対応が後手後手に回ってしまいました。(でも十分に楽しかったのですが。)

その反省を踏まえて、今年はスケジュールが発表されるたびに内容を検討して、チケットも前売りを買い、準備万端で臨みました(スケジュールの検討は夫任せでしたが(^^ゞ)。

わが家的1日目の4日は子供をジジババに預け、夫婦だけで行きました。

参加したり入場したイベントは次の通り。

  • 好田タクト指揮者形態模写
  • マスタークラス 藤倉大(作曲家)× 岡部真一郎 対談
  • (夫のフルート体験レッスン)
  • マスタークラス ロラン・ピドゥ(チェロ)「アルペッジョーネ・ソナタ第一楽章」
  • グラーベン広場 ベートーベン・ティアーデ室内管弦楽団「シューベルト作交響曲3番」
  • 【有料】トマス・ウォーカー(テノール)&カペラ・アムステルダム(合唱) 歌曲集『白鳥の歌』より他
  • 【有料】ステファン・ゲンツ(バリトン)&ミシェル・ダルベルト(ピアノ) ベートーベン歌曲集『遥かなる恋人に寄す』他
  • トラウトナイト「クラシックソムリエ・トークサロン」平末広(「モーストリー・クラシック」編集部/LFJクラシックソムリエ)
    ゲスト:本名徹次(指揮者)+ ベトナム国立交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏団
  • トラウトナイト「クラシックソムリエ・トークサロン」田中泰(ぴあクラシック担当デスク/LFJクラシックソムリエ)
    ゲスト:ルネ・マルタン
よくもまぁ一日にこれだけ詰め込んだものだ、というスケジュールですが(^^ゞ。

すっごく楽しかったです。

たぶん個々のライブは、それを目当てにわざわざ出かけるようなものではないでしょう。「この日に『ラ・フォル・ジュルネ』に行くから」というのが先にあり、最初に有料公演のスケジュールを決め、それに合わせて他のイベントも回る、という感じで選んだものだからです。

でも、おかげで普段は聞けないような音楽やお話が聞けて、その中でお気に入りを見つけられたりして、いろいろ感動的でした。

何しろ、藤倉さんの現代音楽なんて、普段の自分からは最も遠い世界だし、トマス・ウォーカーやステファン・ゲンツは名前すら知りませんでした。

でも、みんな凄い。素晴らしかった。(ゲンツとウォーカーにはサインももらってしまいました。だって、楽屋がないから会場出るとそこにいるんだもん。)

チェロの「アルペッジョーネ・ソナタ」は初めてききましたが、本当に美しいメロディーで、今度ちゃんと全楽章聞いてみたいなぁ。

個々のイベント、それぞれについて書いていたら、当分ブログネタに困らなそうなくらい、盛りだくさんの一日でした。気が向いたら、書くかもしれません。

また明日、今度は子連れで行って来ます。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。