2006年12月28日

[ 携帯 ]

オレンジプランに切り替えようかな

J-Phone時代に携帯導入して以来約6年。メール受信無料とか、家族割引50%とか、いろんな恩恵があって離れられずにいたのですが、vodafoneを経て、この秋、ついに経営母体がSoftbankに移ってしまいました。

私自身もそうですが、特に夫がSoftbankという会社が好きではないので、この際キャリア変更しようか、なんて言っていたんですが…。料金割引プランに一年縛りがあるので、解約可能時期になるまでは取りあえず待つことにして、そのままにしておりました。

その間、他のキャリアを検討しようと思ったのですが、何しろ基本的に電話はあまり使わない、メールもPCが中心、という生活では、とにかく料金が安いのが第一義。現在、二人合わせても月6000円を超えることがない、という状況では、キャリア変更はただ料金を高くするためでメリットが感じられません。(ただ、この料金プランはJ-Phone時代のものをそのまま使っています。vodafone時代のプランはわが家には魅力がありませんでした。)

そんな中、ARTIFACTさんのこの記事(ソフトバンク長期ユーザーならオレンジプランがお得? : ARTIFACT ―人工事実―)が目に留まりました。

ここか飛んだリンク先の
template/phs/orange - 〓SoftBank S!アプリ
の中にまとめられていたメリット、デメリット

◆旧ボーダプランからの移行メリット・デメリット
○家族割に入れない単身ユーザー向けの自分割がある。加入年数により30~52%OFFと大幅に安くなる
○旧vodafone、旧Jフォン、旧デジタルホン、旧デジタルツーカー全ての加入年数を長期割引等の年数に引き継げる
○通話料の課金単位が短くなる
○余った無料通信が無期限にくりこし可能になる(但し限度額有り)
○余った無料通信を家族内(新プランユーザーのみ)で分け合うことが可能になる(12月2日から受付開始予定)
○家族割引の副回線でも、無料通信が半分にならない
○自宅のBBフォン、おとくライン番号への通話が定額料なしで半額になる
×旧ボーダプラン独自のオプションに入れない(LOVE、家族、メール、デュアルパケット定額など)
×ハッピータイム2が適用されない
×請求書の郵送が有料(12月より105円に)。オンライン料金案内は無料。(同請求書内に旧プランユーザーがいる場合は無料)
これを見たら、正直デメリットはわが家の場合ほぼゼロで、メリットだけがすごい。なぜなら、定額は全然必要ないし(そもそも無料通話内で収まっています)、ハッピータイムも使いません。逆に「副回線でも無料通信が半分にならない」「余った無料通話を家族内で分け合える」がすごく魅力的。

わが家の場合は二人揃って約6年の長期ユーザーなので、年割+家族割がフルに使えます。計算してみたら、二人合わせて5000円を切る可能性も高い。

この辺、普通だと計算するのが面倒なので検討がしにくいのですが、ありがたいことにweb上の計算ページやEXCELの計算シートも用意されていて万全でした。

もうこのままキャリア変更は考えないで、すぐにでもオレンジプランに変更申請しようかなー。ちょうど月末(年末)だし。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。