2006年12月26日

「のだめ」が終わっちゃいました

久々に、毎週月曜日を心待ちにさせてくれたドラマでした。
ドラマ「のだめカンタービレ」公式サイト

毎週のように登場人物が増えて行って、しかもキャラがハマってて感心していたら、最後の最後には九州ののだめ実家メンバーまで! すごいなー。しかもみんなハマってる(^_^;)。

ドラマが始まってから原作を大人買いしたにわかファンなので偉そうなことは言えませんが、あの千秋が後ろから抱きしめるシーンは、絶対外せないと思っていたので、九州ロケを敢行してくれて、しかも想像以上の出来に大満足です。

のだめ実家でのエピソードも結構原作どおりで爆笑の連続だったけど、お父さんと千秋の会話シーンは良かったなー。次の瞬間笑わせるのが「のだめ」らしくてまた良かったし。

最後の清良のバイオリンも素晴らしかったし、何より「ベト7」、感動的でした。
千秋さま、ずいぶん指揮者らしくなりましたね。

のだめちゃんのおかげで、今まで知らなかった曲にたくさん出会えて、そっちの方でも大収穫。マンガだけだと音の表現には限界がある分、ドラマでさわりだけでも聞かせてもらうと「ちゃんと聴いてみたい」という欲求がうんと高まるのですね。少なくとも、メロディーは一部知ってるけどタイトルは知らない、という曲のうち、結構な数のタイトルが自分の中でリンクできたのは良かったです。

一応、終わる前に、千秋とのだめと黒木くんが揃ってパリに行くような話が出てきていたので、パリ編のスペシャルが期待できるのかな? さすがにもう連ドラは無理だと思うけど。

終わってしまってとてもさびしいので、ぜひ同じキャストで続きが見たいです。(と言っても、パリ編となると多くの役が落ちますけど)。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。