2006年8月 2日

ダンス自慢の芸能人が一夜限りのドリームマッチSP

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

一夜限りのスペシャル、見応えがありました。

ジャンルが違うとはいえ、いずれの方も名うての「ダンス自慢」しかも芸能人としての露出度も高い方々ですから、どんな踊りが見られるのかとても楽しみにしていました。

ダンスに関しては、皆さん「さすが!」の一言に尽きる感じがありますが、残念だったのは音楽かな。KABAちゃんのパソも、パパイヤさんのウィンナワルツも、全然それらしく聞こえない。うのちゃんのサンバだって、曲は元々サンバのはずだけど、ノリが悪いし。

特にウィンナワルツは「ウィーンのワルツ」って意味ですよ。歌謡曲を使ってしまったら、いくら速めの三拍子だって、ウィンナワルツには聞こえないです。絶対選曲が悪い。

それ以外は、見応えがあって満足です。たぶん踊った先生方も気分が良かったんじゃないかな。
この企画良かったらまたやってほしいです。その時には、ぜひ元ピンクレディーの未唯さんに出てほしいな。あ、大澄賢也さんにも。

では一人一人簡単に。

KABA.ちゃん・山本英美組(パソドブレ)
上に書いたように、曲が納得いかないんですが(全然パソに聞こえない)、踊りはカッコ良かったです。やっぱりKABAちゃん、ダンサーだったんですね(^_^;。見直しました。そして、英美先生がすごーく美しかったです。たぶん、リーダーがいいから美しさが引き立ったんでしょうね。優勝おめでとうございます。
Nana(MAX)・石原正三組(クイックステップ)
Nanaさんはたぶんラテンの方が得意でしょうが、クイックも思いの外良かったです。スピード感あふれる中でも足元がバタつくこともなく。ただ、残念なのはやはりホールド、というかフレームですね。これは年月のかかるものなので仕方ないんですが。フレームがしっかりしていないので石原先生のリードが空回りして見えるところがいくつかありました。あと首の座りの悪いところも。でも期間を考えれば仕方ないですね。
パパイヤ鈴木・白石香織(ウィンナワルツ)
パパイヤさんも絶対ラテンの方が良かったでしょうね。一度見てみたいです。しかもよりによって、一番格調の高い種目を選ぶとは…(本人の意向ではないと思いますが)。それでも、この期間を考えると、フレームも動きも十分サマになっていてすごいと思いました。何しろ、選んだ種目が悪すぎましたね。
ピーター・大村淳毅組(チャチャチャ)
いやー、すごかった。鳥肌がたちました。私としては頭二つくらい抜けてトップかと思いましたが…。表情・動き・リズム、どれ一つとっても、まさに「プロ」。ただ、何度か見直してみると、やはり後半お疲れになったのか、スピンの軸がずれたりしているのはわかりました。それであっても、一回目に見たときの印象の強さはピカイチでした。観客票が悪かったようで残念です。(ナマで見るとまた違ったのでしょうね、きっと)。
神田うの・長井一平組(サンバ)
いやー、うのちゃんは美しいですね。先日まで放映されていた「プリマダム」を見ていたときも感じたのですが、踊っているときの立ち姿が本当に美しい。脚のラインがキレイ。ただ、サンバではなかったかな、やっぱり。でも、とにかくエレガントでうっとりしました。うのちゃんには、機会があったらぜひルンバを踊ってほしいです。

※関連記事は「社交ダンス・競技ダンス」カテゴリからどうぞ。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。