2006年7月13日

老眼なのか?

昨日初めてワンデータイプのソフトコンタクトを入れたところ「手元がよく見えない」と書いたのですが、その夜のことです。

夫に「コンタクト入れたら遠くはバッチリなんだけど、文字とかピントが合わないのよね。ひょっとして老眼?」と冗談ぽく言ったところ「何言ってるんだよ。老眼に決まってるだろ!」と言われてしまいました…。

そんなにはっきり言わなくても…。確かに夫は40の声を聞く前から老眼鏡使ってますけど、彼は遠視ですからね。

私の場合、ハードコンタクトの時は遠くも近くも問題なく見えたし、今は度の弱い(合わない)メガネを常用しているので、遠くは心もとないものの、読書やPCにはなんの支障もなくて、「手元の文字が読めない」なんて事態は初めての体験です。単に度がきつすぎただけじゃないのかなー、なんて思っていたのにな。(ちなみに今までのレンズは-10~-11、今回渡されたのは両目とも-12です)。

どちらにしても、視力検査で矯正視力1.0以上出すのがきつくなってきたことは確かなので、年とともに弱っては来ているんでしょうが。

それにしても、本当に手元の細かい文字が読めないことに驚きました。まぁ50cmくらい離せば大丈夫でしたけど。年配の方が本や新聞をうーんと離して、目を細めて読む、その気持ちがよくわかりました(^^;)。でも、同時に近くのほうがボヤッとして視界がくっきりしない、という経験は新鮮でした。いずれは私も、遠近それぞれレンズを使い分けないといけなくなるんでしょうね…。ひょっとしたら近々かもしれないけど。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。