2006年7月24日

「オールスター社交ダンス選手権」Vol.2 決勝

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

第二シーズン、始まったと思ったらもう終わっちゃいました(^_^;。

準決勝と敗者復活戦は感想書き損ねてしまいました。いや、見てはいたんですが、なんか気が乗らなくて…。結局、最初の頃に書いた「山ちゃん格が違いすぎ」というのと、彩さんのコーナーが痛すぎて、第一シーズンほど一生懸命見られなかったんですよね。期間が短かったので出演者の皆さんは大変だったと思うのですが。

でも、決勝くらいはやっぱり書いておこうかな。カッコ内はソロダンスの種目。

富田靖子・岡本裕治組(チャチャチャ)
今回はかなり良く見えました。いつも首が前に入るのがとても気になるのですが、チャチャに関してはそれはなくて、楽しそうに良く踊っていたと思います。ただ、ウィンナワルツは、やっぱりシルエットが…。この方はスタンダードだときれいなトップラインが出ないのが残念です。
山寺宏一・大島寿子組(パソドブレ)
ダースベーダーの曲でパソってどうよ、と思ったんですが(やっぱりパソは「エスパニア・カーニ」で踊ってほしい)、少なくともダンスはとても良かったです。山ちゃんは本当に「魅せる」ことに長けてますね。声優として超一流ということは、ダンサーとしても一級の素材だと再認識しました。ウィンナワルツも、男性プロに混じって堂々と踊っていて、素晴らしかった。優勝、おめでとうございます。
森下千里・増田大介組(ルンバ)
ルンバは表現の難しいダンスですが、一つ一つのポーズがとても綺麗で良かったです。練習期間を考えれば、動きも十分過ぎるくらい良かったと思うし。何しろグッドルッキングカップルで、そういう意味では一番でした。たた、ウィンナワルツはやっぱり…。増田先生、スタンダード苦手ですか? (それでも女性3人の中では一番美しかったですが)。
三船美佳・早川午郎組(パソドブレ)
だからパソは「エスパニア・カーニ」で…(以下省略)。衣裳がスペイン風で種目に合っていたし、お二人とも似合っていました。ダンスの切れも良かったし、審査員のメンバーが代わったら山寺組にもっと肉薄したかも、と思いました。ただ、ウィンナワルツは…。早川先生は基本的にラテン専門なんですよね。シルエット、動きともにいま一つ…、という感じでした。
それはそうと、松坂さんと大竹先生のダンス、ステキでした。大竹先生、引退以来初めて拝見しましたが、現役の先生方に負けてませんね…。もう競技を引退なさって10年くらい経つと思うのですが、デモンストレーターとしてはまだまだ立派に現役だなぁ、と感心しました。

来週は「一夜限りのダンサー特集」だそうです。これはかなり期待できるかも。楽しみです。

※関連記事は「社交ダンス・競技ダンス」カテゴリからどうぞ。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。