2006年5月11日

目を大切に

2~3日前から左目になんとなく違和感があったのと、花粉症の季節は終わったというのに、両目とも痒みが取れないので、眼科に行ってきました。

今回行ったのは割合最近できたばかりの新しい眼科です。何しろ眼科ってどこも混んでいるので、時間ばかりかかるのが鬱陶しくて。そういう意味では、空いていてすぐに検査をしてくれたのと、ゆっくり診察してもらえたので良かったです。

さて、結果ですが、自分では気づかなかったのですが左目に「ものもらい」ができているそうです。そして、それよりもっと怖いのは、以前一度言われた「角膜への血管侵入」が、左目だけひどく進んでいるという事実…。先生には「コンタクトレンズはもうやめた方がいいと思います」とも言われました。がーん。なぜ左目だけ?

以前指摘されてから、極力コンタクトレンズの装用時間は減らしていたのに…。

まぁ最近は、花粉症の時期はまったく入らないし、車の運転もしないので、昔と違って「遠くまではっきりくっきり見える」ことにあまりこだわりがなくなってきています。無理して入れなくてもいいかなぁ、と思うこともしばしば。でも、観劇とか字幕つき映画とか、ピンポイントで入れたいときもあるんですよね。んー、悩ましいです。やっぱり使い捨てでも買っとくかな。先生は「大きい病院で細胞の数をきちんと調べて、使ってもいいか聞いた方がいいですよ」って言ってましたけど。

でも、今見えるからって、もっと年をとったときに矯正すらできなくなったりすると、それこそ困りますからねぇ。なんでもこの症状が進むと、下手をすると白内障の手術などもできなくなるそうなんですわ。

先日、小林よしりんの「目の玉日記」を読んで「やっぱ目が見えなくなるのは困る!」と思ったばかりですし、悩ましいです。

目薬いっぱい

今ある目薬。左2つが子供ので、残りが私の。「左目だけ」のをつい両目入れそうになります…。

とりあえず、今回はものもらいの治療ということで、それはそれで消炎剤やら抗菌剤やら目薬が3種類+軟膏というめんどくさい状態になってしまいました。抗生物質にアレルギーがあるので、それを使わない分増えてしまったようで。

実は子供も視力が落ちていると学校から言われて眼科に行ったら「仮性近視」なんだそうで、視力回復訓練とともに点眼をしています。今ウチには目薬がたくさんあって、取り違えそうでコワイ状態です。

何しろ、まだ見えなくなったわけではないので、極力悪くならないように努力しなくては。まず手始めにメガネを新しくしようかな。去年壊れて以来、作る余裕がなくてその前に使っていた、度が合わなくて傷だらけのヤツを常用しているので…。

4093890560小林よしのり 目の玉日記
小林 よしのり
小学館 2006-03-07

by G-Tools

よしりんが白内障を発症してから手術を受け、回復するまでの記録。手術中の様子がリアルでコワイです。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。