2006年5月30日

「オールスター社交ダンス選手権」決勝戦スペシャル

「Shall we ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」公式サイト

すっかり遅くなってしまいました。

先週土曜日、ついに決勝戦が放映されました。

さすがに激戦を勝ち抜いてきた3組だけあって、とても見応えのある決勝戦でした。

実は、決勝の前にこの前のエントリーに角田さんのパートナーを務めた児玉麻里子先生のブログからTBをいただき、そこから児玉先生のblogと角田さんの日記を一通り読ませていただきました。

角田さんはこの2カ月間で50回以上もダンスのレッスンをしたそうで、その意気込みと熱心さに驚くと同時に、お二人の真摯な姿勢にすごく感銘を受けました。その結果、決勝を見るときにはすっかりお二人に肩入れしている自分がいました。

なので、優勝の発表の時には思わず拍手してしまったし、涙が込み上げてきました。
角田さん、児玉先生、本当におめでとうございました。

ダンスの方は、スタンダード二種目ということで、やはりシルエットの維持に苦労なさっているように思いましたが、下半身の動きは申し分なく、また離れて踊る部分の華やかさは群を抜いていたと思います。

次回からはメンバーを入れ換えて第二ステージですね。
小川直也選手や山寺宏一さん、林屋正蔵師匠など、またユニークな面々が登場するようです。これからまた新しいステージを楽しみたいと思います。

ついでのようで申し訳ないのですが、決勝戦残り2組についても一言ずつ。

レイザーラモンHG・和田恵組
個人種目について、ジャイブという選択は良かったと思うし、華やかで見栄えのするダンスは相変わらず良かったと思います。ただ、やはり体を生かしきれていないのと、衣裳が下品なのが気になりました。
スタンダードはやっぱり男性は不利ですね。特に、今回のように複数で踊ると、動きの違いが一目瞭然、というか、他の2組に比べて目立たなかったです。おまけに、スローで腰振りはやっぱりマズイでしょう。
高橋恵子・大村淳毅組
個人種目のジャイブ、テンポが遅いせいか、とても重く見えました。あのテンポで踊るのは実際難しいので、そういう意味ではよく踊っていたのだと思いますが、軽く見えるところまで行っていませんでした。また、最初の方でもたついたのが存外印象に残りました。スローフォックストロットは…、先生にしがみついているだけでしたよね。でも、美しい人はトクですね。そう思いました。どう考えても、スタンダードは男性に比べて女性は楽です。なので、私は審査員の方こそこちらに辛い点をつけるかと思ったのですが、意外な結果でした。
人気ブログランキング

コメント(2)

かれんさん、こんにちは。

角田さん、児玉プロの優勝で、第一シリーズが幕を下ろしましたね。
ファイナリストの中では、角田組を一番応援していたので、とても嬉しかったです。
今まで角田組は、いいダンスと思った時に観客評が伸びなかっただけに、
決勝では観客評が2種目共1位で、本当に良かった! おめでとうございます。

かれんさんの評で、番組も、より楽しめました。
お時間が許すようなら、また第二シリーズも続けて下さると嬉しいです。
可愛くてセクシーな三船さん、情念を持った女優さんの富田さん、
オタクとしては声優でもある山ちゃんに注目しています♪

Posted-by トリ :2006年5月31日 15:11

こちらこそ最後までお付き合いありがとうございました。
お一人でもコメントくださる方がいらっしゃると、励みになります。

第二ステージも一応書く予定でいます。
なるべく遅れないように書きたいのですが、どうなりますか。
なんとか続けられるように頑張ります。

今後ともヨロシク。

Posted-by かれん :2006年5月31日 19:07

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。