2006年5月22日

[ ]

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」読破

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリポタ6巻、発売当日にアマゾンから届きましたが、ようやく読み終わりました。

一応全巻読んではいたものの、4巻までは、予約してまで読むほどの思い入れはなかったんですよね。でも、5巻は特典に惹かれたかなにかでアマゾンで買って、読んでみたらとことん納得がいかなくて。(→Passing Pictures 3rd: 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ようやく読破)

あまりにも納得がいかないので6巻は原書も発売当時に買ってます。でも、2章目くらいで挫折(^_^;。まぁ、日本語で読んでもこの辺りまでは退屈、というか話が見えづらかったから…。もう少し我慢して読み進んでおけば、スイスイいってたかもしれませんが。

そんな感じでズルズルと、結局日本語版の発売日を迎えてしまいました。

前作は読んでいる間中テンションが下がりっぱなしだったのですが、下がりきった後だったせいか、今回は思ったよりストレスを感じずに読み進められました。考えてみれば話は重いのだけど。

彼らもいつの間にか6年生なんですね。監督生だったり、クィディッチチームのキャプテンをこなすような学年。そう、上級魔法の「姿現し」術まで使えるほどの。恋愛模様も複雑になってきてるし。いつまでも「小さな子供達」ではないんですよね。

考えてみたら、前作こそが「子供から大人への転換点」、それこそ「変声期」みたいなものだったのかも。全編ずーっと不協和音が鳴っているような不快感を覚えていました。今回はそのトンネルは抜けて、すっかり大人の世界に踏み出している感じ。だから、重い展開もそれほど不快感を覚えずに読みきれたのかもしれません。

次回作はいつ出るんでしょうね。今度は完結編だし、また、性懲りもなく原書が出たら買ってしまうのかなぁ…。お金の無駄だってわかっているんだけど。

人気ブログランキング

コメント(2)

読破お疲れ様です。これでかれんさんとは外でお会いした時も思う存分ネタバレトークできますね…(笑)
しかし巻が進むにつれ登場人物もどんどん増えるので6巻にもなると殆ど出てこない準レギュラーもかなりいて、ちょっと寂しい気もしました。仕方ないですけどね。最終巻はその辺りをバランスよく落とし前つけていくのか、それとも…という部分も気になります。まだまだ先の心配ですかね(笑)

Posted-by むさし :2006年5月23日 01:43

はいはい、ネタバレトーク、楽しみにしてます。

そういえば、今回は登場人物がかなり偏っていましたね。…でも仕方ないかも。

次巻は「騎士団」総出演でしょうか。ホグワーツはどうなるのかなぁ。いろいろ心配といえば心配です(^^;)。

Posted-by かれん :2006年5月23日 12:32

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。