2006年2月24日

荒川選手、おめでとうございます

寝てるんだから起きてるんだからわからない状態で会社に行ったらネットワークが死んでて仕事になりませんでした。

眠いし、作業ファイルは開かないし、しょうがないので早退してきちゃいました(^_^;。

それにしても荒川選手、素晴らしかったです。リアルで観られて良かった。

コーエン選手、最初のアップの表情を観たときに、SPの時のような自信にあふれた顔でなかったので「これは!」と思っちゃいました。スルツカヤもやっぱりプレッシャーだったんでしょうか。

そんな中での荒川選手、村主選手のあの演技はすごい。
今回はメダルの遠いオリンピックだったので、その感はひとしおかも。

特に荒川選手。SPでは一瞬フラッとした例のスパイラルシークェンスでも微動だにせず。凛として美しかったです。

村主選手もメダルには届かなかったけど、きっちり自分の演技をしていましたよね。点数が伸びなかったのが残念です。

考えてみたら、ミキちゃんの四回転に結構注目が集まっていたのが、お姉さん二人にはプラスに働いたのかもしれませんね。

なんか、アテネの時のマラソン陣を思い出しちゃいました。

「本命」のQちゃんが出られなくて、でも実力派ぞろいの3人で。
今回も「本命」の真央ちゃんが出られず、注目は一番若いミキちゃんに。
実際にはお姉さん達の方が実力も実績もはるかに上だったってことですね。

でも、果敢に四回転にチャレンジしたミキちゃん、四年後は真央ちゃんと一緒にぜひがんばってほしいです。

ところで、昨日急に、去年教わった「ジャンプの見分け方」アニメを思い出し、それを頭に入れてから観戦したら、結構見分けられるようになりました。でも、ルッツとフリップの区別はちょっと難しいかな。

人気ブログランキング

コメント(2)

村主選手が、今回のオリンピックで一番悔しがっていましたね~。
ジャンプの失敗は-1点だけど、3回転を2回転に減らすのは、もっと厳しい減点になってしまうらしい。
荒川選手は、難易度の高い技をいくつも習得してレベル4を沢山獲得し、文句なしで金!って感じ。
キリリとした表情がホント綺麗だった。イタリアでも東洋系の美形として賞賛されているとか。

スルツカヤもコーエンも、ジャンプの失敗があったけど、それも含めてのオリンピックの実力だと思う。だから、「二人のミスで金が取れたんじゃなく、荒川選手の実力」だと私は思うんだ。

安藤選手は、8年前の荒川選手のよう。
荒川選手が長野オリンピックで初めて出たときは、初の大舞台で目だった成績ではなかった。だから、彼女は15位だったけど、これでオリンピックというものがわかって、4年後、8年後、成長した姿が楽しみです。その頃は、他国も4回転を飛べる選手が輩出されるだろうね。

Posted-by かるとん :2006年2月24日 23:16

コメントありがとうございます。

3回転を2回転にするのは、基礎点がすごく下がるけど、失敗して回転不足になった場合は、最初から回転を減らすよりもさらに点数が下がるらしいので、荒川選手は空中でコンビネーションの回転を減らす判断をしたそうです。

ミキちゃんなんて、4回転にチャレンジしたけど、結局は回転不足で3回転の判断、しかも転倒してさらに減点と、実際には踏んだり蹴ったりだったみたい。

荒川選手については、トップ選手の多くがプレッシャーから失敗してしまうような雰囲気の中で、ただ一人「自分に勝った」ことが素晴らしいということだと思います。

ただ、4年後8年後に4回転を跳べる選手が出てくるか、というと、それは「?」かも。

伊藤みどりが3回転半を跳んでからもう14年も経っていますが、今跳べるのは真央ちゃんと恩田選手くらい。

4回転に至っては、男子でも数えるほどしかいませんし。そろそろ人間の限界なのかも(^_^;。

今の採点方式だと、成功の確率が七割以上ないと、チャレンジしても損するだけなので、女子で挑戦する人がどれだけ出てくるか…?

Posted-by かれん :2006年2月28日 09:05

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。