2006年1月10日

クラビノーバを買いました

今日からいよいよ三学期です。

先日子ども会から「旗振り募集」の連絡が来たことで、てっきり三学期も初日は集団登校かと思い込んで、息子を急かして送り出したら、なんと誰も集まっていませんでした(^^;。単に、保護者が交差点に立つ、ってだけのことだったらしいです。急かしてゴメン>息子。

さて、標題ですが、懸案だったクラビノーバをようやく買いました。5月からヤマハの基礎コースに通っている息子ですが、これが修了したらピアノに進めようということで、それまでには、と思いつつ、置き場所の確保に悩んでずっと先延ばしにしていたのです。ちなみに今は夫の部屋にある、いわゆる「電子キーボード」で練習しています。

結局、買ってしまって配送日を決めれば、イヤでも置き場所は作るだろうということで、思い切って地元の楽器屋さんに行き、その場で決めてきました。

機種も価格もさんざん下調べをしておいたので、交渉も結構スムーズでよかったです。後は置き場所の確保。いや、置くべき場所は決まっているのですが、今置いてあるものをどかさないといけないので、それが問題なのです。その中には今使っているPCも…。どこに移動しようかな。

私自身ピアノはうまく弾けないんですが、子どもの頃一応「電子オルガン」を習っていたので、一応譜面は読めますし、少しは指も動きます。クラビが来たら少し練習してみようかな。

ところで、暮れにヤマハの教室で「ピアノフェアをやっているのでどうぞ」とチラシをいただいたのですが、その時に「電子ピアノ買うっておっしゃってましたよね。今ならお安くなっていますよ」と薦められたのがこのシリーズ

あのー、価格帯がアコースティックと変わらないんですけど…。「安くなって」いても30万は下りません。

どうやら、ヤマハの教室の方にとっての「電子ピアノ」というのは、庶民の私が思いつくお手頃価格のものとは違うようです。

「こんな高いものは考えていません」と言ったら「まさかクラビですか?」との反応。たたみかけるように「クラビは大人が楽しみで弾くためのものですから、子どもには向かないです。手を痛めますよ」と言われました。

私が黙ってしまったので「まぁ安い買い物ではないですからねぇ。でも、お子さんのことですから将来のことも考えて」とフォローしていましたが、どう考えても中古のアコピより高い電子ピアノなんて買えません。かと言って、アコースティックだったら「グランドじゃないと意味がない」というのがうちの夫の持論。どちらにしても、数年後に続いているかどうかもわからない子どもの習い事に、そこまで本格的なものを用意する必要があるのかなぁ、と思いました。

ウチの場合、ピアノを習わせるのは「ピアノが弾けると楽しいから」くらいの理由です。専門的にやらせるつもりは今のところ全然ありません。万一本人がのめりこんで、本気でやりたくなったら、その時初めて、楽器も先生も考え直そうと思ってます。まぁないでしょうが。

それにしても、ヤマハの先生がヤマハの販促員だってことはわかっていましたが…。高級機種を薦めるために売れ筋商品を貶めるってどうなんでしょうか。もちろん、本格的にやることを考えたら、先生のおっしゃる通りなんでしょうが。「クラビノーバは子どもの手を痛める」というのなら、「子どもと一緒に楽しもう~本格派電子ピアノ」のキャッチコピーは問題ありでしょう。

人気ブログランキング

コメント(4)

ご購入おめでとうございます。

>数年後に続いているかどうかもわからない子どもの習い事に、そこまで本格的なものを用意する必要があるのかなぁ

にとても共感します。
うちはもっともっと廉価なデジピで、見る人が見れば鼻で笑われてしまう代物ですが、とりあえずこれで充分かなと(^_^;)

もし、思わぬ素質があって、数年後以降も続けるというのならそのとき考えたらいいですよね。

Posted-by proton :2006年1月10日 17:32

ぷろとんさん、どうもです。

ホントに、ピアノってたとえ廉価版デジピでも、買うとなったら高い買い物ですよね。埃をかぶるような事態にならないといいんですが。

私が子どもの頃はそれすらなかったわけですから、どこの親も苦労したんでしょうね、きっと。
(なぜか私の周りはピアノ習っている友達が多くて、遊びに行く先には大抵ありました。)

思わぬ素質…は、親を考えるとたぶんないと思います(^^;。
でも、手が壊れる心配をするほど練習するようなら、クラビの方が先に壊れるような気がします。だってちゃっちいもの。

Posted-by かれん :2006年1月10日 23:24

ほんとだ、昔はエレクトーンはあったけれどデジピは無かったですよね。

とすると、ピアノの先生などの専門家はデジピを嫌がる傾向にあるけれど、デジピ出現のお陰で習う子が増加したという効果はあるのではないでしょうか。何だか皮肉ですね(^_^;)

たぶん、うちもアコピしか選べないのなら習わせる事を断念していたと思います。

Posted-by proton :2006年1月11日 18:36

ホントに、昔の親はよく子どもにピアノだのエレクトーンだの習わせられたなぁ、と感心します。
だって、どっちも今とは比較にならない価格だったでしょ。
(アコピは今も大して変わらないかもしれないけど)。

私が「電子オルガン」を習ったのは、父が新しモノ好きで、勝手にエレクトーンを買ったからなんです。
当時エレクトーンって出たばっかりだったから、たぶん価格はアコピと変わらなかったはず(もっと高かったかも?)
でも、買ってくれたエレクトーンは音数も少ないし、習っているうちに教室との落差がどんどん激しくなっていって、色々悲しかった覚えがあります。
出始めの電気製品なんて買うものじゃないですよね。

しばらくして「エレピ」が出たけど、たぶんこっちも価格の方は相当高かったはず。

今はいい時代ですね(^_^)。

Posted-by かれん :2006年1月12日 08:22

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。