2005年9月 7日

[ 映画 ]

映画「容疑者 室井慎次」

夏映画の最後に満を持して登場の「容疑者 室井慎次」。「踊る」ファンなので一応は押さえておかないと…、と、各種PR番組も一通りチェックした後で見て参りました。

夫の仕事の都合で初日に見られなかったので、一週目の最後、金曜日のレイトショーに行ったのですが、第一週なのに、一番大きな劇場なのに「自由席」と言われて少々不安になりました。で、実際行ってみたらホントにガラガラでした。

元々、地味な地味な室井さんが主役ですし、出てくる人たちも基本的にキャリアばっかり、という部分からして、今までの「踊る」とは違うものになりそうな気はしたのですが。加えて監督が本広さんでなくて君塚さん。不安要素は多かったのです。

何はともあれ、とりあえず鑑賞…。(以下基本的にネタバレなし)

これって、やっぱり「踊る」じゃないですよね…。

新宿の町を再現したというオープンセットはすごいと思いました。

でも、あの警察署は? あれ、教会じゃないんですかね。に始まって、灰島法律事務所の、あのあり得ない広さとか、全体に暗いイメージの映像はなんか違う。

何よりテンポが全然違います。

全体を覆う暗いトーンとか、妙に間延びした流れとか、いわゆる「昔の日本映画」みたいな雰囲気でかなり引きました。

役者さんたちは「交渉人」に比べてすごくグレードアップしていたのですが、全体の出来はあちらに比べるべくもないというか。

このシリーズ「大きなウソのためには小さなウソはつかない」というのが売りだったはずなのに。一番肝心な部分の設定である「室井管理官の逮捕」に関わる事件そのものがどうしてもウソ臭いんですもん。

せめて、途中で面会に行くのがあの人たちじゃなくて青島君であれば、それで「踊る」になったんでしょうけど。室井さんが逮捕されたとなったら、青島君は何を置いても面会に駆けつけるだろうと思いますよ。やっぱり青島君はもう絶対出ないんでしょうか。カメオでもいいのになぁ。

シリーズのファンとしては、一応いくつか小ネタは見つけられたので、とりあえず話は繋がった、と言える…かなぁ。「見ないと次はないし」くらいの感じですが。

でも、見つけられなかったらしい小ネタをさらに見つけに行こうという気はおきないです(^^;。

このシリーズはこれからどこに行くんでしょうか…。もし次に何か作るとしたら、やっぱりぜひ本広監督でお願いしたいと思います。

人気ブログランキング

コメント(2)

ふーむ、なんだかイマイチっぽいですね、室井慎次」は。よそでも「おもしろかった!」という感想はあまり見かけませんし。

「交渉人」がおもしろかったので、あれを観たときは室井さんも観ようと思ってたんですけど、やっぱりビデオ出るまで待とうかな。

ちなみに、「交渉人」とのリンクってあるんですか??そこだけが気になってます。

Posted-by abetomo :2005年9月 9日 01:01

「交渉人」とのリンクですが、本編そのものには全然ありません(^^;。
でも、「交渉人」中の「あること」だけは「その後」が報告されてます。はっきり書けないのがもどかしいですが。「へえー、そうなんだ」って感じ。

今回「踊る」のキャラクターといえば、キャリアの皆さん以外は、スリーアミーゴスがカメオ出演で、あとセリフ中に登場したのが、和久、青島、真下、雪乃だったかな。すみれさんは名前さえ出ませんでした。

Posted-by かれん :2005年9月 9日 19:28

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。