2005年8月16日

浅草演芸ホール「八月中席」

日曜日から息子が二泊三日で出かけているので、昨日の終戦記念日は何をしようかと夫とあらかじめ相談して、またまた寄席に行ってきました。

いや、本当は靖國神社に行きたかったんですけどね。たぶん物凄い混雑だろうと思い(実際そうだったらしいですが)、ヘタレな私たちは別の日に行くことにしました。遊就館、ゆっくり見たいんですもん。

浅草と末広亭は、10日おきに「落語芸術協会」と「落語協会」が交互に出るので、末広亭に行くと、先日の浅草と似たようなメンバーになってしまいます。そんなわけで、再度浅草へ繰り出しました。今回は昼夜通しで観ようという目論見です。

11時開始の予定だったので10時30分を目標に行ったのですが、またまた一階はすでに満席。二階の二列目、通路のすぐ後ろに陣取って昼の部を観覧しました。11時開始予定なのに、10時40分には前座噺が始まってしまい、プログラムに名前の載っている二ツ目さんも始まったのは11時前。その間、人の出入りが激しくて、二階ということもあっていま一つ集中できませんでした。何しろすごい人でしたから。通路に座る人もいっぱいいたし、一階は立ち見も大勢いたようです。まぁ、座れただけマシ、という感じでした。

昼の部はラストが「住吉踊り」ということで、それに出演する人がたくさんいるため、演し物もメチャメチャ多くて目まぐるしかったです。それでも、みんなそれぞれ、それなりに面白かったんですけど。歌之助師匠の「坂本龍馬は…(題名知らないんですが)」にはお腹がよじれるほど笑いました。主任の金馬師匠、久々に拝見しましたが、お元気で安心しました。住吉踊りも華やかで良かったです。

夜の部の前に二階の最前列に移り、こちらは番組もゆったりしていたので、じっくり堪能することができました。夜の部は正蔵師匠(元こぶ平)が主任だったのですが、昨日ははテレビに行ってしまったとかで休演だったのが残念です。でも、夜は実力者ぞろいだったようで、芸の内容そのものは満足度が高かったです。中でも川柳川柳師匠の歌と、しゅう平師匠の「ミュージカル落語」に感動。もちろん、古典も良かったんですけどね。

そして、トリはいっ平師。少々不安だったんですが、堂々としてました。枕は談志師匠、円楽師匠、故小さん師匠の物真似まじりの話で結構面白かったし、落語は「浜野矩随(はまののりゆき)」という人情噺をきっちり演じていました。いやー、思いの外ちゃんとした落語家さんなので驚きました(^^;。二、三カ所噛んだのはご愛敬でしょうか。少なくとも、音量が小さくて何を言っているのかわからない方(どなたとは書きませんが)よりはずっとずっと引き込まれました。

とはいえ、花緑師もそうですが、まだまだ若いので人情噺よりも笑わせる噺の方が良かったんじゃないかなー、という気もしますけど。

こうなるとやっぱり正蔵師を観てみたかったです。

二階で観ていると、やはりテンポが良くて滑舌が良くて音量がある方が良く見えます。一日いるので、そうでないと眠くなってしまいます(^^;。

しかし、一日であんまりたくさん観たので、誰が何を演ったのか、誰が誰だったのか、かなり記憶が曖昧になっています。こんな中で印象に残っていくのは、やっぱり大変ですね。芸の世界は厳しいです。

人気ブログランキング

コメント(5)

こんばんは。中席、しかも夜の部までとは…うらやましいですねぇ。正蔵さんは残念でした。こういう急なお休みと言うのは…やはり行ってみないのわからないものなんでしょうかね。
9月17日(土)に鎌倉芸術館で正蔵師の落語があるんですが…チケぴ、ローソンは売り切れでした…どこかに残ってないだろうか…ほんとにいつも情報の遅い私です…(涙)

Posted-by むさし :2005年8月16日 22:21

かれんさん、こんにちは。はじめまして!
むさしさんの所から飛んできました。

かれんさんも浅草演芸ホールに行かれたんですね~。
私も8月中席見てきました。
夕方頃に行ったのですが、すっっっごい混んでて
席を確保するのに苦労しましたよ…。
真打のこぶ平ちゃん改め正蔵師匠面白かったですが、
やはりT&Dの聖地(笑)、昇太師匠の噺も
いつか聞いてみたいと思ってます。

Posted-by Aki_1031 :2005年8月17日 18:49

◆むさしさん
まぁ、私たちの場合、今回の正蔵師が初めての「休演」だったので、まだ運がいいのかも。正蔵師が休演してくれたおかげで、しゅう平師が見られたし。
それにしても「六人の会」関連の師匠が出てくると、チケットもプラチナ化しているようですね。しばらくは大変なのかも。

◆Aki_1031さん
いらっしゃいませ(^_^)。
むさしさんのところでは何度もお見かけしておりました。これからもどうぞよろしく。
8月中席、行かれたのですね。
混んでましたでしょ?
正蔵師匠面白かったですか。観たかったなぁ。
昇太師匠の噺は、ぜひぜひ一度お聴きください。
私が先日聞いた時は、落語に入らずに終わってしまったので、一度じっくり聞いてみたいのですが、やはりプラチナチケットっぽいですよね…。
急なブームがうらめしいです。

Posted-by かれん :2005年8月17日 19:02

こんばんは。
正蔵師匠はこぶ平時代のとんでもない落語を聞かされてから、
噺家としてはだめだな、と思っていたものです。

それがあって、ここ数年の噺振りに正直びっくりしております。
人間その気になるとすげぇなと思っております。
その点、いっ平師匠も最近ぜんぜん聞いてないので一度聞いておきたいなと思いますね。
寄席も行きたいのですが、身重の嫁さん置いていくのも気が引けるし、
かといって、生まれたらうまれたでいそがしいだろうし、ジレンマですねぇ。

Posted-by yamaneko :2005年8月20日 21:37

yamanekoさん、いらっしゃいませ。
正蔵師匠、皆さん昔と今を比べて全然違うとおっしゃいますね。やっぱり、血は争えないってことなんでしょうかね。
私は昔を知らないのですが、やっぱり聴いてみたかったです。

奥さんオメデタなんですね。
生まれてしまうと大変なので、今のうちに一緒に出かけるというのはいかがでしょう。
私なんかは妊娠9ヶ月くらいの頃、誕生日に夫にオペラに連れて行ってもらったのを思い出しますわ。

Posted-by かれん :2005年8月21日 19:56

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。