2005年8月27日

[ 響鬼 ]

仮面ライダー響鬼 二十八之巻「絶えぬ悪意」

気がついたらもう明日は放映日。いつものように遅ればせながらのアップです。今週は諸事情あって見るのも遅くなってしまいましたし…。

でも、今週の「響鬼」は内容濃かったですね。ここのところ「夏休み気分」のような感じもあったので(それでも、何気に魔化網まわりのネタは投下されていましたけど)、少し油断しておりました。

明日夢くんとヒビキさんとで山の中の二人旅というと、初回の屋久島を思い出します。考えてみたらあの時も霊木に囲まれてましたね。あの時とは二人の関係もずいぶん違いますが…。

それと例の和装の男女。クグツがなんだかいっぱいいる。会話が普通に素の声だ。なんか新鮮。「私のクグツでもやってみてよ」ってことは、クグツってこいつらの分身というか人形? と思って顔を見たら、やっぱりその女や姫と同じ。つまり芦名さん。以前「謎の男は村田さん(童子役)」説でずいぶん盛り上がっていたことがありましたが、つまり謎の男(クグツ)も童子も、そしてこの和装の男も全部村田さんだったわけですね。そして、女の姿をしたのは全部芦名さん。とすると、この男女が親玉? どうなんでしょ(後でイブキが「僕達がこの間見た親玉」って言ってたのでそうみたいですね)。魔化網って「古来からいる妖怪」みたいなものかと思っていたんですが、あの実験施設を見たらそうでもないのかな。猛士との関係もまだ謎ですが、追々明かされていくのでしょう。

それにしてもこの「響鬼」に関してはこういう設定に揺らぎがないのがいいなぁ、と思いますよ。やっぱり、最初からすべて計算されていてくれないと。視聴率を見ながら(?)途中で方向転換されちゃったりすると、見ている方も戸惑いますから。

それにしてもこの女クグツから生まれた武者童子と鎧姫、強いですねー。確か以前のヤツは童子と姫にトゲトゲを飲ませてたけど、今度はクグツが飲んでましたから、その違いなのかもしれません。もちろん、例の男が改良を重ねたんでしょうけど(「これはクグツ用」って言ってましたね)。

出番の少なかった鋭鬼さんも心配ですが、威吹鬼と轟鬼もやられっぱなしで心配です。ついでと言っては何ですが、心も体も傷ついたまま崖から落ちてしまった明日夢くんも。

明日夢くんサイドの話についても思うところはたくさんあったのですが、たぶんこれについては明日放映分で何らかの進展があるものと思うので、そちらに譲ります。

先週までのレビューはこちらで。

「仮面ライダー響鬼」公式サイト

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。