2005年6月 7日

子供が借りてくる本

子供の学校(というか、学年?)では、週に一度「としょ」の時間があり、毎週図書室から本を一冊借りてきます。

先週うちの子供が借りてきた本…「絵本 大相撲」
力士の錦絵みたいなのがたくさん載っている大判の絵本でした。
(しかし小学校の図書室によくそんなものがあったなぁ。)

寝ころがって本を読むそして、先日市立図書館に行ったときに借りてきた本…「土俵の鬼三代」「土俵の鬼たち~横綱若乃花から若・貴兄弟へ
初代若乃花の生い立ちから貴花田が幕内で初優勝するまでの「花田家年譜」みたいな本です。総ルビですが、漢字かな混じりで200ページ以上もあるヤツ。

相撲好きもここまでくるとバカかも、と思ったりして(^^;)。
ちなみに、「土俵の鬼」の方は先に私が読みました。子供は「ボクが借りてきたのに~」とふくれてました。この時期この本ってのもなんか複雑ですが。

ついでにちょっと蛇足。

アメーバブログで自分のブログを公開している普天王関。夏場所は11勝4敗で敢闘賞獲得と大活躍でしたが、ようやくアメブロが公式化し、来場所からは普天王関の全ての取組に懸賞もつけることにしたそうです。

なんか出足が遅い気がしますが…。でも「アメーバブログ」の懸賞幕は国技館で目立つかも。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。