2005年4月18日

[ 響鬼 ]

仮面ライダー響鬼 十二之巻「開く秘密」

なんか、一週間が経つのが早いです。この間書いたばかりだと思っていた響鬼のレビュー、もう十二回目なんですね。

先週から引き続き坂を落ち続ける二人…。明日夢くんの方は壁にぶち当たり、響鬼はDAを放って倒れこんでしまいます。響鬼さんの周りで騒ぐDAたち、可愛すぎです。

そして明日夢くんは何やら狭い通路を通っていきなり明るい部屋に! 何やら猛士の秘密が詰まっていそうなカンジ。DAやら変身音角やら、たくさん並んでいて博物館状態。そこに現れるのはメガネに白衣のみどりさん。ここが「たちばな」の地下で「猛士」の開発室だということを明かして「驚く倍増服部半蔵」って、顔に似合わず…(以下自粛)。

一方香須美さんのところに戻ったヒビキさんは状況をおやっさんに報告。おやっさんは鎧姿になった童子と姫に心当たりがありそうな感じ。不安そうな香須美さんはわざと明るく「0番のディスクはどれでしょ~う?」とおちゃらけ、ヒビキも「どれかな~~」と言いつつすぐに真顔に戻って真ん中のディスクをサッと引き抜くあたり、やっぱりいま一つ余裕がないのかも。そういえば、ヒビキさんも明日夢くんも今回はなんかあまり笑えません。

「たちばな」の地下ではみどりさんから「猛士」について講義を受ける明日夢くん。いやー、今回は親切ですね。きっちり説明してくれるんだ。「鬼」がなぜ戦っているのか、「猛士」とはどういう組織なのか。考えてみたら、平成に入ってからのライダーって、雑誌で補完しないと「何故戦っているのか」がわからないことが多かったし。でも、お子様には難しいのかなぁ。

あと、鬼のプロフィール帳みたいなのがパラパラと。詳しいことは全然見られなかったので、MinorPenta-Phraseさんで補完していただきました。ありがとうございます。ふうん、「裁鬼」さんに「弾鬼」さんね。ヒビキさんイブキさんの本名なんかもちゃんと出ていたみたいですね。でも、雑誌によると次は「轟鬼」さんなんですよね? となると「ザンキ」さんは?

他にもDAが元々は「式神」だってこととか(陰陽師か?)、ヒビキさんが「鬼」になったきっかけなんかを聞くことができました。明日夢くんはその「きっかけ」を聞いて、ヒビキさんも中学生時分には今の自分と同じように「ヘタレ」ていたことがあり、そして「次に頑張るしかないじゃない」というみどりさんの叱咤に応えて今があるということを知り、急に目の輝きを取り戻してきました。ひょっとしたらこれが明日夢くんの「鬼」への道の第一歩でしょうか。

その頃「たちばな」にやってくるイブキさんあきらちゃん。秘密の通路が閉まってしまって(明日夢くんのせい?)、中に入れず、おまけに中にいる日菜佳さんおやっさんも外に出られなくなってしまいました。で、仕方なく、イブキさんとあきらちゃん、作務衣着てお店番。しかし、イブキさん出番少ないなぁ…。ちょっと寂しいです。

さて、ヒビキさんの方は、童子&姫の鎧には時間制限があるのではないかと読み(ウルトラマンか?)、DAで時間稼ぎをする作戦に。

途中危うい場面はあったものの、やはり時間がくると元の童子&姫になってしまい、そうなるとアッと言う間に響鬼の火炎攻撃で粉砕。「鍛えてないで急に強くなろうとしても、所詮無理があるって事だな」。ドーピングは所詮長続きしないってことで。

で、童子と姫に手こずった分、ヌリカベの方は早かったですね。単に時間が押していただけかもしれませんが、またまた新しい技(猛火怒濤の型)でやっつけてしまいました。相変わらず見分けがつかないヘタレは私です(^_^;。

「たちばな」では、なぜかあきらちゃんとひとみちゃん意気投合。やはり同じ城南高校であることが判明。これは、これから先学校でのシーンも出てくるんでしょうね、きっと。そして縄ばしごを登って戻ってきた明日夢くんに対して「安達くん?」のユニゾン。こっち関係も目が離せないかも。

いやー、響鬼はいろんな作品のパーツが散りばめられていますね。陰陽師にポケモンにウルトラマンにゲゲゲの鬼太郎に…(^_^;。でも、そういうのをみんな引っくるめて、きっちり世界観ができているので物語に入り込めます。

今の興味はいったいいつ明日夢くんがヒビキさんに弟子入りするのかってことでしょうか。きっとそうなるんですよね?

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。