2005年3月27日

[ 響鬼 ]

仮面ライダー響鬼 九之巻「蠢く邪心」

今週からは「響鬼」のレビューを「できるだけ」載せていきたいと思います。いつまで続くかわかりませんが…(^_^;。
意気込み表明のため、カテゴリまで新しく作ってしまいました。大丈夫なんだろうか?>自分。

「仮面ライダー響鬼」公式サイトはこちら

「響鬼」は基本的に二話で一本のお話なので、今回は「前編」。

今回の明日夢くんはいつもに増してダメダメ、グダグダ…。
せっかくのひとみちゃんとの待ち合わせを寝過ごしてすっぽかし(他の子に「肝心なときに決められない」とか言われちゃってるし)、その後急いで行くのかと思えば町をフラフラ。本屋で万引き少年&少女を見つけても固まるしかできないし。挙げ句に逃げる少女のバッグに顔をはたかれてケガ…。鍛えてないから(^_^;?

ヒビキさんは今回はオオアリ退治。童子&姫をさっさとやっつけるあたり、今回は展開早。前回山籠もりしたおかげでしょうか。
それにしても、香須美のところに戻ってきたとき、顔だけ人間体の中途半端な姿でした。ひょっとして鬼って仮面かぶってるだけなのか? ディスクアニマルたちがたくさんいて可愛いんですが、やっぱりあれって「ポケモン」?

そしてイブキ&あきらコンビは秩父へ出動。今回はイブキさんの出番少ないです。ちょっと残念。魔化網の種類が特定できないってことで見切り出動でしたが、どうやら今回の相手はイブキさん担当の空を飛ぶタイプではなく、ヒビキさんの担当のようです。で、次回は二人揃い踏みで登場、というわけですか。

見るも無残にぺっちゃんこになってしまった車が悲惨。

ヒビキさんを案内するキハダガニ。動作がいちいち可愛すぎ。そしてようやくオオアリを見つけたヒビキさん。新しい型、「一気火勢」ですが、今までの小さい太鼓を乱打するのではなく、大太鼓を両手で力強く叩く、って感じで無事撃破。間に挿入される文字がカッコイイです。

いつもならひとつの魔化網を退治するのに2話かけていたのに、今回は同時多発(2箇所)ってことで、片方は結構あっさり終わっちゃいました。

そして、頬の傷も痛々しく、トボトボ歩く明日夢くんは、さっきの逃げた万引き少年に見つかって絡まれてしまいます。あぁ、最後までダメダメ(^_^;。

来週はダブルライダーのタンデムシーン、二人同時攻撃が見られるみたいですね。明日夢くんがボコボコにされずに済むのか?、っていうのも含めて、またまた楽しみです。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。