2005年3月13日

「お父さんの恋」

お友達(むさしさん)に誘われまして、たぶん初めて、いわゆる「お芝居」を観てきました。いや、オペラとかミュージカルとか、歌舞伎とかは観てきているんですが、よく考えたら「観劇」って今まで未経験。なんかドキドキ・ワクワクでパルコ劇場に行ってきました。

演目は「お父さんの恋」。まぁ、お目当てといえばやっぱり堺雅人さんでしょうか。

けろこさんの「ヘイ・ジョニー」で「お花がスゴイ」と書かれていましたが、ホントにロビーいっぱいの花にまず圧倒されました。あれだけ並ぶと壮観っていうか、香りもすごかったし。誰から誰へっていちいち確認してしまいました。

でもって肝心のお芝居ですが…。

まずセットにびっくり。それこそ「新築の家の香り」がするんですもん。作り付けの家具に二階に通じる階段と、すごーくちゃんとしたセット。日本のオペラとは大違い。考えてみたら、これからしばらく使うわけだから、これだけのセットを作ってもじゅうぶんペイできるわけですな。そこが、1日限りとか、2~3日で終わってしまう公演と違うところなんですねぇ。庭までしっかり作られていて、すごいなぁ、とまず感心。

実は、いわゆる「予習」をほとんどしていなかったので、「お父さんの恋」って、お父さんはいったい誰に恋するの~?、みたいな感じで、予備知識ゼロ状態(いや、一応むさしさんの買ったプログラムは見せてもらったんですが)。だから、最初に前田吟さんがしゃべっているのが「心の声」だとは全然気づかず、なんか妙にハイだなぁ、とか思っていたんですわ。やっぱり設定くらい予習していかないとダメですね(^_^;。

それはともかく、さらにハイテンションな池田成志さんの「濃さ」に圧倒されているところに、のほほんと堺さん登場。

なんかねー、堺さん、やっぱりイイですね。
堺さんが動いてしゃべってるだけで「あー、堺さんだー。本物だー。しゃべってるー」とますますコーフン。だって、ホントに「堺さん」なんですもん(^_^;。

お芝居の方は、笑いの中にシリアスなテーマが見え隠れして、家族構成が私の実家と同じうえ、母親が先に死んでしまった、という部分まで一緒なので、なんだか自分の家族のこと思い出していろいろ考えちゃったりなんかして…。

男性の話しか出してませんが、女優さんたちも良かったです。星野真里さん、実は結構好きなんですよね。

長かったけれど、すっかり芝居の世界に入り込んでしまい、終わってみればあっという間の三時間でした。うーん、こういう「舞台」もやっぱりいいなぁ。

むさしさんのおかげで貴重な経験をさせていただきました。また機会があったら他の舞台にも足を運んでみたいものです。

(3/14追記)
むさしさんが感想をアップされましたので、トラックバックさせていただきます。

人気ブログランキング

コメント(8)

朝、コチラのblogを拝見して焦りましたよ。
「やだ…もうこんなにちゃんとした感想書いちゃって…。」
かれんさん、凄すぎ。

ちなみに昨夜帰宅後「どうだった?」と訊ねてきた小5の娘に、私は真顔で
「やばいよ。アンタ惚れるよ。」と言ってしまいました(笑)…だって惚れますよねぇ?

Posted-by むさし :2005年3月14日 18:38

どうもどうも。
いやいや、全然「ちゃんとして」なんかないじゃないですか。とりあえず「観てきました~」程度のことしか書いてないですよ。

あんなこともこんなことも…全然書いてません(^_^;。

で、堺さんですが……惚れますね。確かに。
お嬢さん、ヤバイかも(^_^;。

Posted-by かれん :2005年3月14日 23:27

はじめまして。
私は12日の夜公演を観ました。

あの家のセットは本当に素晴らしかったですね。キッチンカウンターの下の作り付け棚なんかも、小物がカゴに収納されてたりして生活感が出ていたので、妙に感心してしまいました。

前田吟さんの「心の声」は、私も藪先生が出てくるまで気がつきませんでしたよ。で、後から考えると、確かにさおりちゃんとか娘たちとは会話がかみ合ってないことに気がついて、なるほど~と思いました。

そして堺さん、イイですよね~。あの末っ子長男の役どころはなんだかぴったりでした。

私も感想書いてますので、よろしかったらどうぞ。それでは、長々と失礼しましたー。

Posted-by abetomo :2005年3月15日 00:27

abetomoさん、ようこそいらっしゃいませ(^^)。

そうなんですよ。私すっかりセットに圧倒されてしまいまして。よくできてましたねー。
境さんがおねーさんをおぶって登っていってもびくともしない階段といい、各種棚類、それにシャンデリア。
小物まで行き届いていて、そっちのほうにまず感心してしまいました。

で、やはり境さんですよね(^^)。
いや、「なるしー」こと池田さんも良かったですけど。

そちらにも遊びにいかせていただきます。
ありがとうございました。

Posted-by かれん :2005年3月15日 13:25

初めまして。突然失礼します。

本日お父さんの恋、2回目の観劇に行くのですが、
突然休みになった夫の分のチケットを求め、
ネットの中をさまよっていたらこのページにたどり着きました。
成志さんファンです。。(^^;)

わたくしが観たのは3/14でずいぶん遠い記憶になりかけていたので、
みなさんの感想を読んで記憶がよみがえりました。
ありがとうございました。
成志さんの芝居が楽前にどれだけぐだぐだ、、、
もとい、変化しているかを楽しみにしつつ、
堺さんはじめ、他の出演者の方の変化もちゃんと観てきます!(笑)

ところで、純粋に心配になったんですが、
成志さんをまったく知らない方は、あのテンションの高さ、
ヘンさをどう思われたんでしょうか?

にわかファンのわたくしとしましては、
あんな登場の仕方は初めて観たのでフツーにビックリしました。
いつもは正面奥から登場ってのがパターンなので☆
(陰でひと口上決めてから、歌いつつ~て、新感線だけか!)

ひとことのつもりが長文に、、、申し訳ありませんでした。
なにか失礼がありましたらお許しください。

P.S.お父さんの恋を気に入られたら、「今度は愛妻家」も観て下さい!泣けます!

Posted-by ぷりぷりおくさん :2005年3月25日 08:06

「ぷりぷりおくさん」さん、いらっしゃいませ(^_^)。
コメントありがとうございます。

「お父さんの恋」、二度目はいかがでしたでしょうか。
成志さん「ぐだぐだ」してました?
私は舞台での池田成志さんは初めてで、昔朝ドラに出ていた(「春よ来い」?)とか、今だとライフカードのCMくらいか知らないので、ああいう芝居をする人とは全然知らず、でもとても引き込まれました。

人気があるのも当然だわ、と思いましたよ(^_^)。

また機会があったら舞台は観に行ってみたいです。
よろしかったらまた遊びにきてくださいね。

Posted-by かれん :2005年3月25日 22:20

おはようございます。お父さんの恋、2度目行ってきました♪
結局、だんなさまの分のチケットは取れず、ひとりで☆
(だんなさまにはゲキシネ・アオドクロに行ってもらいました(笑)
でも劇場行ったらナナメ前が空いてて悲しかった☆)

思ったよりぐだぐだしてなくて、やぱしまともな(?)芝居のときは
さすがの成志さんでもマジメにやるのね、と感心してしまいました(笑)
相変らずいつものモノマネとか、笑かしとかも入れてましたが、
まだかわいい方でした(笑)

とにかく、胡散臭さ満開の成志さんから入ったので、「春よ来い」をちゃんと観てたにもかかわらず、
あのハルキの夫と同一人物だと気づくのにずいぶん時間がかかりました(^^;)
(プロフィール見て、何の役で出てたんだ~??ってずっと悩んでた(笑))

堺さんはブルーのスリッパで、またえらいことお姉ちゃんにはたかれておりました☆
本気で痛がってた(ように見えた)(笑)
星野真理ちゃんは、自分が杉本家に来たいきさつを話す大事なとこで噛んじゃって、
初見の人は落ちが解らんかったのでは??と心配になりました。
がんばれ真理ちゃん!

とにかく、生成志さんが観たい!!一心で観たお芝居でしたが、2回観ても2回ともおもしろかった♪
「ビューティフルサンデー」(だったっけ?)も観てみたいと思いました。
でも買ったDVDは「ヴァンプショウ」(成志さん演出)。。。われながらわかりやすい(^^;)

うわ、またえらいこと長くなってる☆ 失礼いたしました。
成志さんフリークでごめんなさい(^^;)

また遊んでください(^o^)/

Posted-by ぷりぷりおくさん :2005年3月26日 10:17

再度のご来訪、ありがとうございます(^_^)。

なるほど、やはり舞台は生モノですね。
毎回違う状況が発生するんでしょうねぇ。
堺さん、毎回毎回痛いんでしょうね。
そして、星野さんもですが、毎回毎回片づけ(あのおねーさんが散らかしたモノたち)大変なんでしょうね(^_^;。

「春よ来い」ご覧になってたんですね。
確かに、あのハルキの夫役というのは、今考えるとかなり特殊だったんでしょうねぇ。

また、いつでもいらしてくださいね(^_^)。
お待ちしております。

Posted-by かれん :2005年3月26日 18:39

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。