2005年1月26日

ドラマ「87% 私の5年生存率」へのツッコミ

「87% -私の5年生存率-」

ようやく第二回を見たんですが、ツッコミどころが多すぎて…(^_^;。

まず、第一回の検査に回るところからして、実際に乳ガン検診に引っかかって、一通りの検査をした身からすると驚くことだらけ。

というか、「乳房のしこり」イコール「乳ガン」みたいに思われる作り方ってどうなんでしょうか。しこりのほとんどは良性腫瘍だってことを知らないと、しこりを見つけただけでショックを受けませんかね。

ちなみに、私は腫瘍を完全に摘出する生検まで受けましたが、結果は良性の乳腺線維腺種でした。「乳ガンだったらどうしよう」と怖く感じるのも当然ですが、自己判断せず、まずは専門医の診断を受けるのが先決でしょう。ちなみにドラマでも描かれていますが、乳ガンかどうか気になるときは外科に行きましょう。婦人科ではありませんので注意が必要です。

で、以下ツッコミ。

個人医院での検診で、最初が「マンモグラフィー」って?
「マンモグラフィー(乳腺X線撮影装置)」って、たぶん高価な機械だと思うんですよ。私が一昨年に人間ドックの「触診」で引っかかったとき、「マンモグラフィーと超音波検査を受けた方がいいけれど、マンモグラフィーは相当大きな病院でないとないから、ここで受けていきますか?」と聞かれました。(昨年はマンモグラフィーも標準でセットされていましたが)。 普通、個人医院での検診だったら、「触診」のみで、そこで引っかかった場合だけ、大病院で再検査、だと思うんです。それを、いきなりマンモグラフィー受けさせて、触診はナシ、なんて、考えられません(^_^;。
「針生検」は痛くない?
痛くないことないですよー。だって、腫瘍に針刺して、グリグリ細胞取るんですよ。「相当痛いと思います」と言われましたけど…? 実際痛かったけど、深呼吸で乗り切りました。
黒木の告知のあと、病院を二軒も回って、お金は大丈夫なの? その日の内に診断結果が出るの?
ビンボーな母子家庭のはずなのに、告知のあと別の病院でまた検査受けてます。検査だってお金が結構かかるし、体の負担も大きいから、普通、セカンドオピニオンを求めるときには、最初の病院で検査記録一式借りて行くものです。 おまけに、その日のうちに二軒回って、二軒とも「ガンです」って、どうやって診断したんでしょうか。最低でも針生検しないとはっきりしたことは言えないわけで、それを考えると、検査結果を持って行った可能性はあります。 そうだとしても「セカンドオピニオン」って、普通に検査受けるより高いんですよね。第二回でも「病院ぐらい自分で見つけます!」って啖呵きってましたが、ホントにお金ないんでしょうかねー。 ついでに、黒木が聖和医大への紹介状といって渡したのは小さな封筒一通でした。これだって、検査記録一式入れなきゃ意味ないでしょう、と同じく思いました。また聖和医大で検査を一式受け直せってことでしょうか。だったら、検査(生検とか)受ける前に紹介しろっつーの。
マンモグラフィーのある「宇月医院」に手術設備がないのはなぜ?
最初に書いたように、マンモグラフィーは高価な装置だと思うんですよ。そんなものを置いてるのに、全身麻酔の設備もないなんて、矛盾してると思います(^_^;。しかも院長、26万円の見積もりを見て「高い!」って…?
ステージIの乳ガンの手術は訓練に使われる?
これ本当なんでしょうか。本当だったら恐ろしいことです。だって、現在乳ガンは、小さければ乳房温存手術が主流になっています。全部取ってしまう手術ならともかく、乳房温存手術の場合、ヘタな手術の痕って、それこそ見るも無残だったりします。去年乳ガンの本読みあさって、手術後の写真をたくさん見ましたが、これほど外科医の腕が見てわかる手術ってないんじゃないかと思うくらい。 そういう意味でも、晶子が黒木に手術を頼むなんて「何考えてるんだろ?」って感じです。4年もメスを握っていない人に、そんなこと頼めないですよ。彼のいう通り、経験豊富で確かな腕の人に手術してもらうのが一番でしょう。

と、目一杯いろんなことを突っ込んでしまいましたが、すべてまとめて「まぁドラマだから」とは思って見ています。

たぶんドラマの中では黒木が手術をすることになるんでしょうね。その後どんな治療をするのかも気になるし、きっと見てしまうと思いますが。

人気ブログランキング

コメント(7)

こんにちは。私もこのドラマ見ています・・が、一回目見逃しちゃったんです。(^^; なので、二回目からなんですが、本当につっこみたくなることたくさんですね。私、生保レディーを三年程やっていたので、そちらの方でも突っ込みたくなってしまいました。(笑)

「そうた」くんのお友達(女の子)のお父さんが、いきなりステージⅣの膵臓癌!! それも保険契約した直後!! って、それより、お友達のお父さん役の、右頬の大きなオデキみたいなのは何?って気になっちゃって。(^^;

私は従姉妹を「乳ガン」で失っているのと、
同じ女性として気になるドラマです。これから
も突っ込みながら見るわ!!

Posted-by KAKO :2005年1月27日 14:05

私もいろいろつっこみながら見てます(^^;)。
要再検査(6か月後)を、ほんとは今月受けなければいけなかったのに、予約忘れて3月に検査という身なので…。
とりあえず、この番組で乳がんに関心を持つ人が増えればそれだけでもいいかな、と。
私が関心を持ったのは、3年前の「ミニウォーク&ラン フォー・ブレストケア」というイベントでした。参加賞目当てに参加しましたが、あれで意識が変わりました。
今年の大会→http://www.breastcare.jp/

一昨年は、友人が乳がんで手術したり、それをきっかけにがん保険を見直したり(上皮内ガンは対象外だったので)、朝日新聞の「乳がんはなぜ見落とされたか」の本を読んだり、乳がんについていろいろ考えた年でしたが、その後要再検査になって、「がーん」です。なんでもないといいけどな…。

Posted-by ドド子 :2005年1月27日 17:39

◆KAKOさん
元生保レディーさんですか。それじゃあ、それこそツッコミ甲斐がありそうですね(^_^;。
私はまだ第3回見てないんですけど、第2回の保険契約のシーンで、先が読めちゃいました。そう、ガン保険は契約直後はダメなんですよね。
っていうか、契約するときに健康診断受けさせるか、最低でも健康告知するでしょうに。
ちなみに私は去年乳腺の腫瘍摘出手術を受けているので、まだガン保険に入れません…。早く晴れて入れる身になりたーい、って感じです。(まだ入ってなかったのか?、っていうツッコミは無しでお願いします(^_^;)。

◆ドド子さん
ドド子さんも要再検査なんですね。
実は私、今年も引っかかってまして、マンモグラフィーは異常なしなんですが、触診で何かあったらしくて…。
でも、今健康保険切り替え中で保険証がないので、保険証が来たらまた検査に行くつもりです。去年と同じ場所なので、たぶん悪性ではない、と信じてますが。

ドド子さんもなんでもなんといいですね。
とにかく、はっきりさせないことには何の対策もできませんから。

Posted-by かれん :2005年1月27日 18:12

かれんさん、三回目見てなかったのですね。ネタバレしてしまいましたね。すみません。(^^;

突っ込みパート2です。
主人公が「乳がん」で手術、入院となり、
「入院給付金でるでしょう」みたいに言われて
真っ青になっていたのは、入院給付金付きの
生命保険に加入いていないって設定? そんなぁ、嘘でしょ??
生保に関係したら、加入しないってことない
でしょうに。もちろん「三大疾病保障」だって
完璧についたのを!!と突っ込みまくって
おりました。(^^;

私も最近胸の張りが気になり、受診しよう
と思っているのだけど、生理前のホルモン
バランスによる張りのような気がして・・・。
毎年一回、乳がん検査も受けているので、
その健康診断も来月あたり受けようと思って
いるので、ちょっと先延ばしにしております。

十数年前に、胸にシコリを見つけて、真っ青に
なり受診したのですが、検査の結果、乳腺炎
(?)ということで、半年後くらいに再度受診を
っていわれたのですが、そのシコリらしいものが消えてしまったので、受診せずに今日現在にいたっております。シコリのできた方の胸は
オッパイがつまりやすかったです。乳腺が細い
のでしょう・・・・。

ダラダラ書いてしまいましたが、乳がんも子宮癌も早期発見であれば、生存率も高いから、このドラマで少しでも関心を持つ人が増えるといいですね。

@モッ君のお義母さんの「きききりん(漢字調べられなくてすみません」さんも、乳がんで手術しましたね。モッ君、このドラマの前には知らなかったのでしょうね。

Posted-by KAKO :2005年1月27日 21:43

あー、3回目は未見ですが、前のコメントで書いたように先は読めていたので問題ないです。
だいたい公式サイトであらすじ読んでるし(^_^;。

主人公の晶子サンは、第一回で「保険料が高いからガン保険入ってなかった」と言ってましたよ。
母子家庭で余裕がないからとも。
そういう状況でガンに罹ると、それこそ「入っておけば良かった!」って感じでしょうねぇ。
生保レディー仲間で話していた「必殺技」ってそれですよ。「自分のようにかかってからでは入れない」って言うと、若い人たちも慌てて加入するんだって。

何しろ、今までガン関係のドラマというと、大概末期で助からない、だったのが、今回は生存率の高い初期のガンってことで、より身近に感じてほしい、という姿勢は評価できるかなー、と思ってます。

まぁ、できればもうちょっと現実的にしてほしいかな、と思いますけど。

樹木希林さん、「3ヶ月ほっといた」って言ってましたけど、モッくんは確かに複雑でしょうね。

Posted-by かれん :2005年1月28日 17:48

はじめまして、こんにちは。私が定期的に行く都内の乳腺専門クリニックは、マンモグラフィーもMRIもありますが、全身麻酔と手術は、提携の大学病院でやります。施設によって色々な役割分担の仕方があるようです

Posted-by あおい :2005年1月31日 13:47

あおいさん、はじめまして。
いらっしゃいませ(^o^)。コメントありがとうございます。

なるほど、都内にはそんな立派な乳腺専門クリニックがあるのですねー。
MRIがあるなんて、すごいですね。

やはり、検査と手術はまた別ってことなんでしょうね。
情報ありがとうございました。

ただ、宇月医院の検診については、やっぱり「触診なしのマンモグラフィー」に納得がいきません(^_^;。

ちなみに、昨年末に私が検診を受けたときは、触診で「しこりあり」、マンモグラフィーで「異常なし」ということで、要再検査(超音波)です。
マンモグラフィーだけだったらスルーでした。
(触診してくださった先生は、「この動き方だったらたぶん悪性ではない」とおっしゃってましたが。)

Posted-by かれん :2005年1月31日 16:09

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。