2004年10月20日

フラッシュ暗算

ここのところ日々家に帰り着くのが遅いのだが、昨日帰り着いたところで何気に見た「学校へ行こう」に「そろばん日本一」の高校生が出ていて、つい見てしまった。

何を隠そう、私自身、小学校の時は4年生くらいからそろばんの競技会に出ていて、5~6年生のときは県大会で読上暗算や読上算で2~3位を取った。さすがに今は錆び付いたけれど、それでも普通の人よりは計算は得意。

というわけで、この手の人が出てくるとつい見入ってしまうのだ。

だが、今回出ていた彼(名前を忘れてしまった)は半端じゃなかった。まぁ、こうやってテレビに出てくる人は、子供も含めて、私なんかにはどうやっても太刀打ちできない面々ばかりなのだが、それにしてもすごかった。だって、5桁×5桁の掛け算を、問題見た瞬間に答え出してるし。6桁20口の伝票算5題を十数秒(しかも暗算)って、少なくとも頭の中は私とは全然違うらしい。

ちなみに、私の場合、暗算は頭の中でそろばんを弾くので、足し算引き算はともかく、掛け算はメチャメチャ苦手。暗算じゃなくても掛け算は現役当時からミスが多かったしね。テレビに出てくる彼らは絶対、頭の中にそろばんは置いてないと思う。

だいたい、以前別の番組でもやってたけど、フラッシュ暗算。ある程度の桁数である程度のスピードなら、私もついていける。3桁くらいで、1秒2枚程度なら。でも、テレビでやってたあのスピードでは(たぶん1秒10枚くらい?)、一桁でも無理。

それと、驚いたのは早押しボタン。早押しボタンの必要な競技なんて、三十年前にはなかったからなぁ。今だからなのか、私のレベルが単に低かったのか、その様変わりに驚いた。

それにしても、全然太刀打ちできないのもちょっと悔しいので、また少し練習してみようかな。

ちなみにフラッシュ暗算が試せるサイト。

あまり暗算は得意でなくても、結構楽しめるはず。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。