2004年7月 6日

親指シフト話その後

先日、親指シフトに関する駄文を書いたが、コメントをくださったぎっちょんさんのサイト経由で、うずらまんさんのうずら眼 - uzuraman's eye: 日本語を日本語のリズムで 、らびさんのけいおすなるぶろぐ: すすめ!はときいんを発見。

うずらまんさんは、以前にNiftyのフォーラムでお世話になった方だと思うのだけど、らびさんは違うのかな。お二人とも、私の駄文と違って、大変説得力のある文章をお書きになっている。

親指シフター、かつブロガー、という人が増えてくると、少しは世間にも親指シフトの存在は認知されてくるのだろうか。うーん。

問題は「親指シフターは概して長文が多い」ってことかな。自分がそうなのだけど、どうも頭の中から出てくる文章を、そのまま指を通して垂れ流しているような気がして…(^^;)。もちろん、それは私の場合で、多くの方、特にプロの作家さんなんかは「立派な長文」をお書きになっているわけだけれど。

人気ブログランキング

コメント(5)

▼かれんさん
 リンク&トラックバックありがとうございます(^ε^)。
 トラックバックの仕返し(^.^;)をしました。それと僕のblogのリンク集にかれんさんのblogを載せさせてもらいました。
 かれんさんの書かれていた「ニコラーは長文」というのはほんとにそうですね。なんせ自分の頭の中に湧いてくる言葉をそのまま打鍵できてしまうので。でもこれで僕は作文ができるようになりました。思いついたことをどんどんと打って、あとで日本語が変なところを戻って直すんです。書き出しと文の終わりで主語述語の関係がおかしくなったり助詞が変だったりすることは多発しますが、それを気にせずにまず入力するというのが、文章を書くことを億劫にさせない御利益があります。
 だから、友人のお古のOASYSを譲ってもらわなければ…、ニフティのOASYS関連のフォーラムでいろいろ教えてもらわなければ…、少なくとも僕のパソコン人生は全然違った物になっていたような気がします。

Posted-by うずらまん :2004年7月 6日 17:12

うずらまんさん、こんにちは。
トラックバック返しもありがとうございます。
OASYSのフォーラムでは本当にお世話になりました。

私も、今でこそパソコンで仕事してますけど、パソ通始めるまでは「パソコンは難しくて使えない」と怖じ気づいていたクチなのです。
それが、「ワープロ」のOASYSで通信始めたおかげで、ホントにいろんなこと教えてもらって、私も大げさでなく、人生変わりました。

親指シフトは、完全にペン代わりになってますね。いや、ペン以上かな。携帯のボタンも、ローマ字入力も、絶対にそういう感覚にはなりませんが。

Posted-by かれん :2004年7月 6日 20:09

うずらまんさんのトップからリンクをたどってきたのですが・・・
まさかここで話題にされているとは。
はじめまして。「けいおすなるぶろぐ」のらび といいます。
親指シフトユーザーには長文打ちが多いとのご指摘、我が身をふりかえって、思わず笑ってしまいました。確かに問題かも(^_^;
ちなみに私は、Niftyの親指シフト関係のフォーラムでは発言したことがないので、かれんさんの思い浮かべている方とは別人ですよ。
なお、 かれんさんはプリプレス関係のお仕事につかれているようですね。
今月号のMac Fanの「こちら大久保デザイン事務所」で、かれんさんが感じられた理不尽さがユーモラスにとりあげられてます。
思わず笑っちゃったあと、うーん、と考えさせられてしまいました。
たしかに、プリプレスって一種独特な職種ですよねぇ。
えー、これ以上長文になると問題になるので(^_^;、この辺で切り上げます。
お仕事のたいへんさ、ある程度は実感できるポジションにいる私ですから(印刷関係です)、気軽に「頑張ってください」というのも無責任かな、とは思いつつ・・・
メゲずに頑張ってくださいね(ほかに気の利いた言葉はないんかいっ>俺)

Posted-by らび :2004年7月 6日 22:14

らびさん、こんばんは。
トラックバック送ったつもりだったんですが、うずらまんさんのところと続けて送っていたら、ココログpingサーバーにはねられてました(^_^;)。
訪ねてきてくださってありがとうございます。
「こちら大久保デザイン事務所」は、単行本が出ている分に関して全部持ってます。あれで、ずいぶん勉強させていただきました。
そうか、今はそんなことが書いてあるんですね。
この話は長くなりそうなので、新しいエントリー起こします。
長文になりそうなコメント…は、よかったらご自身のBlogで聞かせてくださいませ。
これからもよろしくお願いします。

Posted-by かれん :2004年7月 6日 23:19

かれんさん、お引っ越しご苦労さまでした。

また、私のサイトの掲示板へも来ていただきありがとうございます。

私は文章を書くのはそれほど得意な方ではないのですが、それでもキーボードで打つことがいやでないのは親指シフトのおかげかと思っています。でも、できた文章がまずいのは、キーボードのせいではなく、私のせいです(悲)。

Posted-by ぎっちょん :2004年7月 6日 23:49

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。