2004年7月13日

トラックバックについて考える

「夏っちゃんぶろぐ」という季節ブログに参加している。

「参加したい人がIDを登録して、みんなで『夏らしい記事』を投稿しよう。そして、参加者自身のサイトにもコメントやトラックバックをしてつながりを広げよう」、という趣旨のブログである。

システムとしては、

基本的には、自サイトと このサイトに同じ記事を投稿して、相互トラックバックする。
(by 夏っちゃんぶろぐ「投稿に関して」)
ということで、それについては全く異論はない。
そして、その中で気に入った記事、気になった記事、自分のエントリーと関連すると思われる記事に関して、コメントやトラックバック(以下TB)を自由にするのだと理解していた。

なお、同じエントリーに

メンバー間トラックバックは、関連エントリーなら自由に行ってもいいと思いますが、参加していないサイト様へのトラックバックは慎重に行うようにして下さい。
(中略)
参加メンバー間のトラックバックも、関連のないエントリへのTBは絶対にしないこと。
という注意書きもある。

それで「こういうのに参加するのも楽しそうだな」と思って参加を決めた。

そして、エントリーをひとつ、ふたつとアップしてみると、TBもひとつ、ふたつとやってくる。嬉しくなって見に行ってみるが、どうも、関連があると思えるような内容では...ないし、当然リンクもない。まぁ「リンクしたければ逆TBしてね」ってことなのだろう。

その後もTBは続いているが、ただTBを送っているだけで、コメントがあるわけではないし、単純に「自分のサイトへのリンクを貼って行っただけ」という感じ。もちろん、訪問してくださるのはありがたいのだけど、たぶん「Blogの中身を見に来た」のではなくて「TBリンク先を確認しに来た」というのが正確なところではないかと推察する。

夏Blogに関しては、それで善しとしているサイトさんがたくさんあるし、そういう方たちに対してまでどうこう言うつもりは全然ない。でも、私自身はちょっとキモチワルイ。(こんなことを書くと参加者の中には気を悪くする人もいるかもしれないけど、この記事に関しては夏BlogにはTBしないので、きっと読む人はほとんどいないだろう。もちろん読んでもらっても全然構わないけど。)

夏Blogだけでなく、普通のエントリーにもTBを送って下さる方がある。もちろん、TBもコメントもリンクも自由にして下さって全然構わないのだけれど、行ってみたらやっぱり関係ない、とか、こちらのサイトへの言及すらない、という状況だとかなりがっかりする。

それで、TBについて「私自身のスタンス」を決めることにした。

私自身、TBするときは「そのサイトを参考にしたこと」「そのサイトに書かれていることについて思うこと」を書くときに限り「リンク付き」ですることにしている。「夏っちゃん」に関しても「これは私の記事と関連があるな」と明確に感じる時だけ、少しはその記事に関することも触れてTBする(つもり)

そして、受信したTBについては、私自身が「どう考えても関係ないんじゃないか」と思ったTBは削除するし、「リンクはないけど確かに関係ありそう」と思えばTB返しする。基本的にリンクしていただいていればTB返しはしない。だって、TB返しでTB欄に出てしまうと、文中リンクから順に見ていく人には迷惑じゃないかと思うので(私自身がそう感じる)。

私としては、とりあえずこういう方向で行こうかな、と今は思っている。まぁ、気まぐれな私のことなので、今後どう変化するかはわからないけれど「関係ないTBが来てキモチワルイ」と思っている現状は自分でコントロールできる。

こうして自分のスタンスを決めて明らかにしてしまえば、少し気が楽になる。
  というわけで言いたかったのは次の一文。

「TBは自由ですが、私の判断で消すことはあります。ご了解下さい。」

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。