2004年6月27日

[ 映画 ]

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

公開2日目の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てきた。

私はといえば、

・翻訳版の小説は、一応「炎のゴブレット」まで読破(ただし一回)。
・映画は過去2作とも劇場で鑑賞(ただし一回)。
・「不死鳥の騎士団」は楽しみだけど、まだ予約もしていない。
という程度のファン。今回の映画も、先行を観た人からは、「かなり端折られてるから、一回原作読み直した方がいいかも」と言われていたのだけど、結局読み直すこともなく行ってきた。

映画館は、最近わりと静かだったのが、今日はかなりの混雑。6館中3館が「ハリポタ」だけど、私が見に行った回は、3館とも全席売り切れだった。(私は昨日のうちに買っておいたので、問題ナシ)。私たちはいつも前から3列目くらいを指定して買うので、大抵は両脇とも空いていて楽に見られるのだけど、今日はどっちも塞がっていた。しかも、吹替えだから子供…。

さて、内容の方は…。エンドロールが出たときの感想は、「え、もう終わり?」

小説と比べてしまうと、確かに飛ばされた部分が多くて、そういう意味では物足りないかも。特に、自分としては飛ばして欲しくなかった部分が結構飛ばされていて、それは寂しかった。でも、私が見たかった部分と、監督が「見せたかった」部分が食い違っていただけなのだと思う。

映画そのものは面白かったと思うし、映像になってみて、「あぁ、こういうことだったのか! 」と思った部分も多々。特に、「秘密の地図」にはやられた。私がイメージしてたのとは全然違って、ずーっと雰囲気に合ってる。

とにかく、料金分は十分楽しめたと思う。次は「不死鳥の騎士団」の小説を楽しみに。

人気ブログランキング

コメントする

※コメントについて
どなたでもコメントいただけますが、スパム防止のため、メールアドレスを必須とさせていただいています。(ダミー可)
cookie取得が不調のため、サインインしていただけると幸いです。各種IDをお持ちでなくても、このブログに登録することができます。(「サインイン」を選んで「サインアップ」してください。)
なお、サインインしてもお名前等入力欄が表示されますが、空欄にしておいてください。